神様を知る幸い

Pocket
LINEで送る

今までは日記を書くときにQTをしていましたが
新しいことを始める前にQTをしようと思い
朝起きる時間を1時間半ほど早くしたのですが

今朝は 目覚まし代わりのスマホを掴むと
目覚ましが鳴る時間丁度でした

神様が一緒にいてくださってるなぁと嬉しく思いました

ところが主婦の性というものでしょうか
つい水回りの汚れなどが気になってしまい

今日はりゅうくんがお休みでお弁当の用意も
1つだけでいいので つい大掃除をしてしまい
結局時間が足りなくなってしまいました

QT箇所を読んで まとめるところまでして
あとは1日自分の中で思い巡らせようと思ったのですが

私たちがやっているQTでは黙想をする前に
読んだ聖書箇所から神様に感謝することを書きます

そこに「神様を知る信仰は神様からの賜物であり
それを頂いていることに感謝します」ということを書きました

実は昨日 エレミヤ書を読んでいたのですが
人々が「必ず従うから神様の声を受け取ってくれ」と
預言者であるエレミヤに言ったにも関わらず
エレミヤ(神様)が自分たちの計画と違うことを言うと
それは偽りであり神の声ではないと言いました

人々は当時 バビロンの王を大変恐れていましたが
神様は その恐れているバビロンの王を通して
あなた方を救うと仰いました
また もしエジプトに逃げるならあなたがたが
恐れているバビロンの王がエジプトを襲って
あなたたちは全員死ぬと仰ったのです

しかし人々は それは偽りだと言って従わず
エジプトに逃げました

神様ではなくエジプト人を頼りにして
その頼りとしたエジプトごと滅ぼされたのです

では何故 人々は神様の声を預言者に求めたのでしょうか

恐らく 神様が自分たちが思っていること
エジプトへ逃げることを是としてくださると思ったのでしょう
自分たちの判断に確信を得たかったからだろうと思います

しかし 自分たちの思いと違うことを神様が言うと
それは偽りだと言ったわけですから 結局は
神様よりも自分の考えの方が良いと思っているわけです

信じる気がないなら聞かなければいいのに
必ず言うことを聞くと誓いますと言っておきながら
自分の意見と違うのを見てお前は偽物だと言ったのです

もし同じことを人に対して行ったら
一体どうなることでしょう

それを 神様に対してしているのです

神様を恐れる心がないということは
こういうことであるわけです

そんなところを読んだ直後だったので
尚更 今日のQT箇所は心に沁みました

神様が真に力ある この世の全てを創られた方であり
その方が仰ることを掴むなら 必ず真実となるという
信仰を頂けているということは
どれ程の恵みであるでしょう

また その信仰の通りに神様のみ恵みを
見ることが出来るというのは
どれ程素晴らしいことでしょう

QTで読んだ箇所がどうのというより
この思いだけがずっと自分の内に繰り返されて
感極まり 会社であるにも関わらず
廊下でつい賛美歌を歌ってしまったのですが

その時に 本当に心の底から
全てを創られた神様を知っているということ
しかもその子として頂いていることに
感動する思いが溢れて 涙が出る思いでした

今日のQTは みことばではなく
この湧き上がる思いこそが神様からの
啓示であったように思いました

Pocket
LINEで送る