敵の手口を教えてくださる神

Pocket
LINEで送る

実は 群馬に引っ越して来てから
今までなかったような首や肩の痛みが
出るようになってしまっていたのですが

寒いせいかな?と思っていたのですが
どうも敵の嘘により傷付いた心と
関係しているものらしく
それに気付いて手放すと薄皮を剥くように
少しずつ解放が起きていました

しかし ある時を境に
自分の思いを手放すという
段階ではなくなったのを感じました

その後は ただ御恵みを受け取ることで
解放が起きる という時期になり
兎に角 求めなさい 受け取りなさいと
言われはすれど 具体的に
(祈る以外に)どうすればいいのやらという
雲を掴むような感じが続いていました

ところが 昨日の「学ぶことを楽しむ」ことは
神様の目にかなった出来事だったのか
今日 夢の中で神様が 私の体の痛みに
深く介入してくださり とても体が
軽くなるのを感じました

すると暫くして寝ていたりゅうくんが
寝言で 悪いものを縛り上げる!と言いました

神様が私の内へ介入してくれたので
何か悪いものが炙り出されたのを
りゅうくんが縛ってくれたんだな と思いました

そしてその後に とても嫌な夢を見ました
今までなら 嫌な夢を見て自分の心の状態に気付き
それを手放すという順番だったのに

神様の恵みを受け取り悪いものが炙り出されて
その正体が何だったかわかるという
今までと全く逆の順番になったわけです

しかしそれは 確かに私の内にあった
怒りの正体を明らかにするもので
神様は 私が怒る必要がないものに
怒っていることを教えてくださいました

正確に言うと 神様が来たから
怒る必要がなくなったものであり
怒る必要がなかったので
自覚が出来なかったのだと思いますが

幼い頃 敵が私をどのような方法で
私を騙して縛っていたのか
私の良さを悪用する敵の遣り口を
明らかにしてくださるものでした

神様が来たからもう関係がない
神様が来たからもう背負わされる必要がない

逆を言うなら 神様の守りがなければ
敵はその様に どんどん背負うべきでないものを
背負わせて来るものなんだなぁとも感じました

知らずに背負わされるものから
守ってくださるだけではなく
敵の手口を教えてくださることにより
自分でそれを見極めることが出来るように
強めてくださることに感謝します

私の性格を変えるのではなく
私の性格を利用しようとするものの
手口を見抜くことが大切だということです

根本がわからなければ 何度も
同じことを繰り返してしまいますからね

Pocket
LINEで送る