信仰で掴む行動

Pocket
LINEで送る

今日は 勤務明けのりゅうくんと
朝から母を病院や買い物に連れていき
一緒にお昼を食べた後 予約していた
フィットネスでの身体測定を済ませ

夜はファミレスでQTをしたり
神様から示された新しいことについて
本を読んだり調べものをしたりしました

りゅうくんは 神様の物語を
書き進めていました

買い物でもフィットネスでも
それぞれに神様の御恵みをたくさん
感じる一日だったのですが
夜のファミレスでの時間が大変恵まれました

私への啓示をりゅうくんが受け取ったり
りゅうくんへの啓示を私が受け取るのは
二人にひとつの啓示が与えられているからだよ

と 示されたことにはとても
励ましと平安を頂きました

同じことを以前りゅうくんからも
言われてはいたので
信仰で受け取りますとは言っていましたが
神様から直接語られる言葉(レーマ)に
力があり それにより現実になるのです

後になり気付きましたが そのレーマを
頂けたのは「信仰で受け取る」ということを
行動で示した時でした

りゅうくんと出逢って直ぐの頃は
年齢が離れているということもあり
りゅうくんはりゅうくん 私は私で
別の道があるような気がしてしまい

りゅうくんに示される預言が
私にもかかっているとは思えずに
一人置いていかれるような思いが
いつも付きまといました

しかし りゅうくんはそれを
僕に与えられた預言は澄子にもかかっていると
言ってくれたのでそれを信仰で
信じていたわけです

その後 数年の間は特にその事を大きく
意識するような出来事はありませんでしたが
最近 りゅうくんだけに向けて
家全体に関わるような預言的な示しがあり
私はこれにどう関わるべきなんだ?と
疑問に思うことがありました

最初はりゅうくんに 神様に聞いてみてとか
誰かに祈って貰うとか りゅうくん経由で
神様に頼りたい気持ちがあったのですが
それについては神様は全く答えられませんでした

しかし この預言的な示しは自分にも向けられていると
信仰により掴んでみよう という思いが与えられて
自分自身がそれを預言されたかのように
こんな行動をしていいですか?と神様に聞いてみてと
りゅうくんに伝えると 神様はそこでやっと
良いと答えてくださったのです

そして 上述のレーマを貰った時は
まるでテストに合格したような
大きな喜びが与えられました

信仰で受け取りますと宣言するだけではなく
受け取った者としての行動を起こしたことで
神様は それでいいと教えてくださる

この経験は 自分にとって
とても大きなものであったと感じます

Pocket
LINEで送る