神様が求めておられるものを知る

Pocket
LINEで送る

今日はQTをしていると ある姉妹に
この事を伝えなさいと示されたので
示されたことを伝えました

その事と関係しているのですが
神様は 最終的にはこの様になるという
ビジョンを与えてくださると同時に
しかし今はまだ時ではないということを
示してくださることもあります

りゅうくんが 預言者さんから
将来の預言を貰った時 りゅうくんには
何の知恵も知識も経験もありませんでした

ですが 預言されたのだからそうなる!
という思いばかりが先に立ってしまい
敵の誘惑にたくさん引っかかり
引っ掛かる原因となっているものを
まず神様に何とかして頂かないとなんだ
ということに気付きました

自分でやろうとして動いて失敗し
神様に聞き従うという訓練に入ったわけです

この事は 他の人でも同じ様なことが
あったのを見たことがあります

私自身に至って言うなら
物凄い慎重に神様に尋ね求めるので
神様に尋ねずに失敗するということは
幸いにしてありません

しかし 神様は自由意思を尊重して
くださるってここまでなのか と
驚いたことがひとつあります

神様に これをやりたいのですが
やっていいですか?と尋ねると
やっていい と示されるのに

その様にして出来上がったものを
神様に捧げて欲しい=捨てて欲しいと
示されたことが何度かありました

要するに「これをやりたい」という
思いを我慢させるのではなく
その思いを満たした上で それを
わたしのために捧げてくれないかと
仰られたのです

時間と労力 場合によってはお金も
かかっているわけですが しかし
不思議なことに 損をしたとか
失敗したとかいう思いではなく
神様のために喜んで捧げます!と
手放すことが出来たのです

それは 自分のためだけではなく
人のための預言的行動として
行ったこともありました

しかし その逆のこともあります
捨てたいのに捨てさせてくれない
というものです

これも単純な話で 神様の時に
神様によって捨てるためなのです

物だったり 思いだったり色々ありますが
人の思いで捨てるタイミングを早めても
神様の栄光を現すために 再び
捨てるものを手に入れることになります

神様に対して心から熱心に願い求める時に
それは起こるのだと思いますが
自分でどうにかしようとしている間
それはいつまでも捨てたいものとして
居残っている感じがします

神様が求めているのは
神様に対する飢え渇きです

皮肉なもので りゅうくんは
神様への飢え渇きが欲しいと言いながら
それを得られずに苦しんでいます

自分の力でそれを手に入れようとするのを
諦めて 神様に求める時が
その時なのだろうと思います

Pocket
LINEで送る