神様から見た私の価値

Pocket
LINEで送る

今日は りゅうくんの給料が出たので
会社帰りに家賃などを振り込むために
ATMや銀行を梯子したのですが

途中で メインで使っているお財布が
ないことに気がつきました

会社に忘れたかもしれないと
戻ってみたのですが 既に閉まっており
確認することができませんでした

給料の引き落としや家賃などの振り込みに
使っているカード類は別にしてあるので
今日 やるべきことに支障はありませんが

メインの財布にはデビットカードなどがあり
紛失なら停止手続きをしなければなりませんし
身分証明書が入っていました

正直 お金については仮に抜かれていても
献金したと思えばいいと思えたのですが
カード類を止めることの煩わしさや
身分証明書を悪用されることについては
洒落にならないな と思いました

昨日の かなり大きな霊的攻撃の直後なので
まだその影響があるのだなと感じましたが
財布がなくなるといって焦るなら
神様ではなくお金に頼っていることになるな
という思いが与えられたこともあり
神様に 手元にない財布を守ってくださいと
祈ると平安が与えられました

夜になり神様のみことばに触れたいと思い
QTをしたのですが その時に
聖書の中から自分の願い求めるみことばを
掴みなさいと示されました

実は以前から とてつもない高いものを
神様に求めていたのですが 高過ぎて
私が貰うのは無理かなぁと思っていたのですが

それに匹敵する というか私がイメージしていた
そのままの形のものがイスラエルの遺跡から
出土したというニュース記事が流れてきました

私が求めていたものは国宝級か!と
自分でも呆れると同時に
そんな高価なものでは気軽に所有したり
身に付けたりすることは出来ないなと
求めていたこと自体にがっかりしてしまいました

しかし そうではなく 私がそれをイメージし
それを欲しいと神様に願い求めたことで
それが出土したという思いが与えられて

以前 教会と同じ構造の建物を
自社ビルとして欲しいとイメージした時のことが
思い出されました

私はそれが欲しいと思った時に
それを建てるための土地の購入金額と
建てるための建築費を考え それだけの
お金をつくるためにはどうすればいいだろう
と いうことを考えましたが

しかし 私は何の労苦をすることもなく
理想通りかそれ以上の建物が
教会という形で与えられた時に

神様がくださるものというのは
この様な形なのか と驚き呆れると共に
自分の中にあったモチベーションや
頑張りというものを完全に打ちのめされるような
砕かれた思いになったことを思い出しました

その時以来 大抵のことには驚きませんでしたが
よもやこの様な形で私の思い描いていたものが
打ちのめされるとは思いもしませんでした

しかし りゅうくんはそれこそが使徒の賜物でしょう?
と言ってくれました

地域レベル 国レベルでの大きなビジョンを
神様から受け取って信仰でそれを掴んで
地におろすこと それこそが使徒の賜物だ

そうりゅうくんは言ってくれたのです

国宝級とか歴史的価値が高過ぎるものを
この世において身に付けることには
全く興味も関心も喜びもないことなので
その宝物が欲しいというわけではありません

ただ 私は神様が私のことをどれ程の価値で
飾ってくださるかを見たいですと願い求めていたら
本当に願い求めていた通りのものが現れて
それは私の手には余るものだった ということに
色々な意味で衝撃を受けました

それは 2000年前の洗礼層の下から出土した
宝石を嵌め込んだ指輪でした

2000年前 イエスさまの時代

私の価値はイエスさまの命と同価であり
その様な価値の者としてあがなわれた

聖書にはその様に書かれており
クリスチャンであれば誰もが知っている
そのみことばが 私の中で今までとは
違う次元で身近なものとなる出来事でした

Pocket
LINEで送る