神様の枝となり実を結ぶ者

Pocket
LINEで送る

今日は イエスさまの誕生日ですが
朝に その事をお祝いする祈りをすると
もう気持ちは次へと向かっていることに気付きました

私自身の気持ちは既に次へ行っているのですが
そこに対する霊的な大きな攻撃はありました
大きな転機であるからでしょうが
残っている問題が炙り出されたようでした

いつも 私が本来のやるべきことに
立ち返ろうとすると来る攻撃があるのですが
それは 私に触れることも出来ないし
私を神様から引き離すことも出来ません

しかし 目に入るなら矢張りそれは
決して気持ちの良いものでもないですし
それにより気分が害されるのも確かです

ただ 決して私にそれが触れることはない
その事がとても象徴的に現れた出来事があり
同時に それに対して 過去の自分がどの様に
間違えた対処をしていたのかについて示されました

神様の守りを知らなかった時に
私が間違えた戦い方をしていたために
足元を見られてしまっていたことを
いくつも思い起こされました

知らずに犯した間違えは罪に定められません
しかし 敵の足掛かりにはなってしまいます

それを思い起こされたので
悔い改める祈りをしたのですが
神様は 罪悪感を抱くのではなく
恵みを受け取るようにと示されました

その間違えの代償は全てイエスさまが
支払ってくださったのだから
それを受け取るようにと示されたので
感謝して それを受け取る宣言をしました

敵は嘘で私を縛ろうとしますが
それら全てに神様は光を当てることが出来ます

ただ 自分が光を当ててもらうために
それを現すかどうかだけなのです

自分の思いによるのではなく
神様の導きとみ恵みにより為せること
その事に心を開けることは幸いなことです

神様に壊され用いられるために
労苦を積み上げる人がいます

一方で 神様と共にみこころを産み出し
増やす人がいます

聖書には そのどちらも書かれていますが
神様がどちらを愛しておられるかは明白です

神様は 一緒になさりたい神であり
人の労苦を無にしたい神ではないからです

しかしそれを望む人は確かにいます
それは 神様が与えられた思いなのでしょうか

神様は 刈り込みます それは
神様に繋がったものがより多くの実を結ぶためです

刈り込まれ 捨てるべきものを正しく選び
より多くの実を結ぶ者となれますように

Pocket
LINEで送る