神様の恵みを流すもの

Pocket
LINEで送る

今日のりゅうくんの仕事は夜からなので
昼間はフィットネスクラブと買い物に出掛けました

長距離運転に加えて その数日前から
なんやかんやと忙しく寝不足気味で
身体がかなり固くなっていたので
行けて良かったなぁと思いました

少し時間があったので 用のないフロアにも
少し立ち寄ったのですが そこでりゅうくんが
亀の子たわし社製のスポンジに食い付いて
今までに見たことがないスピード感と迷いのなさで
買っていたので思わず笑ってしまいました

(普段は欲しいものでも何でも優柔不断なので)

でも 台所の片付けに対してこだわりを
持ちはじめてくれている証拠なので
とても嬉しく思いました

今朝 起き抜けに何故かわからないけど
クリスマスプレゼントが欲しいなぁという
物凄い漠然とした思いが来たので
それをりゅうくんに伝えていたのですが

この亀の子たわしを…と言ったので
それは自分のために買ってくださいと
丁重にお断りさせていただきました

私が欲しいクリスマスプレゼントというのは
子どもの頃に 起きたときに枕元に置いてある
あけるまで中身がわからない あの
ワクワクした思いも含めたものなのですが

子どもの頃から私は 誰かから何かを貰うのに
リクエストというものをするのがあまり好きではなく
私に相応しいとか似合うとか必要だと思って
その人が選んでくれる その気持ちとセットになった
ものが欲しいと思い 誕生日などに
何が欲しい?と尋ねられるとその様に伝えて
よく人を悩ませていました

例に漏れずりゅうくんにも
誕生日にしろ何にしろ 同じように
お願いをしているのですが

りゅうくんの場合 自分が欲しいものを
くれようとする傾向があるので
これも訓練なんだろうな と思い
ブレイクスルーがあることを楽しみにしています

昨年は 買おうと思ったものと違うものを
神様に示されて 葛藤の末に
神様に示されたものを選んでくれました

その様に 自分が思うものよりも
神様が私に贈りたいものを選んでくれることも
勿論嬉しいのですが 私の理想は
りゅうくんが私のために選ぶものを
神様がそれでいい とお墨付きをくださることです

その様に 神様の思いと自分の思いが
ひとつになっていくことは
神様がご覧になるようにその人の必要を
わかるようになるということなので
それは やっぱり訓練だなぁと思います

私自身 人に何かを贈るのがとても好きで
神様と一緒に 何を贈りましょうかと
話し合う時間はとても幸せで楽しい時間です

しかも 神様がこれと決めてくださるなら
それが 自分にとって多少背伸びしないと
届かないようなものでも 神様が与えてくださいます

というか 神様にしか出来ない癒しや奇跡を思えば
物質であろうと何であろうと同じで
自分がこの地でお金を出して買う必要があると
思い込んでいる物ですら 実は神様が
恵みの基から 必要な時期やタイミングから
あらかじめご存知で用意してくださっているのです

その様にして 御国の豊かさを
地に引き出すことが出来ることは
神様の子としての特権であり
また それこそが神様が私たちに期待する
「神様の栄光を現す器」としての在り方です

私が努力すれば出来ることであるなら
神様の栄光ではなく 私の栄光が現れてしまいます

私の気持ちを神様が満たしてくれるのではなく
神様が為さりたいことに同意して協力するのが
私たちの本分であり そしてその達成にこそ
この世では決して味わうことの出来ない
人としての本来の喜びがあるのです

何故なら 人はその様にして
神様の栄光を地に現し 地のものを
管理する管理者として創造されたからです

神様のよき管理者として 地境を広げ
神様の素晴らしさが地を覆い尽くすことを
心から願い求めます

その一端を担えることにある喜びに
あらかじめ定められ その様に創られた人の
心が開かれることを 願い求めます

それこそが 私の願いであり喜びです

神様の豊かさが 地に増え広がりますように♥️

Pocket
LINEで送る