流れ出る祈り

Pocket
LINEで送る

昨日教えてもらったお祈りは
かなり畏まった文章で神様を遠く感じたので

今日は会社の空き時間に
部分的に自分の言葉に直して
自分の祈りとして祈っていました

祈りながら 神様に示された通りに
手放すべきことを手放し
悔い改めるべきことを
悔い改めていたのですが

その様に祈っていると 会社の人が
ごほごほと咳き込み始めました

あれ なんだろ と思いりゅうくんに
神様に聞いてみてーと投げてみると

果実を噛み砕き咀嚼するとき 果汁が滴るように
祈りを自分のものとしたときに
神さまの愛が周りにも流れていく
荒れたものは回復し
ふさわしくないものは追い出される

という答えだったので

私が祈ることで社員さんの内にある
余計なものが出ていったのかなと感謝しました

他にも気になったことをりゅうくんに伝えると
りゅうくん自身の祈りの課題も浮き彫りになり
それについても神様に示されるままに
解き明かしと祈るポイントを伝えました

家に帰るとちょっとしたトラブルがありましたが
以前 母の周囲にいた悪霊が逃げたときと
状況が似ていたので 敵を縛る祈りをしました

これは明らかに神様のタイミングだと
頭では理解出来るのに 感情的や感覚的に
あまりやりたくないし乗り気にならない
というものは ほぼ間違えなく敵が邪魔しているので

そう感じるもの程 根気強く少しずつでも
真剣に祈り込むようにしているのですが

今回も その様な抵抗感を感じたので
じっくりと真剣に祈り向かっていますが
祈る最中にこんなにも 周囲に分かりやすい形で
現れがあることには少し驚きました

しかし まだ祈りが足りていない
(まだこの祈りから得るものがある)という
感覚があるので 引き続き祈りたいと思います

また 今日やったQTは 絶対に何度も
読み返さないと自分の中に
落とし込めそうになかったので
それらも書き出して何度も読み
自分のものにしないとな と思いました

その内容は 神を中心としない者たちに
正当に評価されなかったこと
価値がないものだとあしらわれたことを
むしろ誇りに思いなさい

拒絶されたという事の方ではなく
神の目に良いものを選べたことを喜びなさい
事実あなたは今 拒絶されるどころか
周りの人に喜ばれているではありませんか

その様に 示されました

私の中に根深く残っている拒絶の傷に
光が当てられたことに感謝します

Pocket
LINEで送る