神様の目線と自分の主観

Pocket
LINEで送る

神様が あなたはこの様な人だと示されても
自分自身の主観がついていかない
ということはあると思いますが

しかし もし神様と同じ目線に立ちたいと思うなら
神様と自分の意見が違うときに
自分自身の主観を捨てる必要があります

自分自身が余計なものを持っているなら
それを捨てれば良いだけなので楽なのですが

感情だけがあり 主観という程の
意見や価値観がない場合は少し厄介です

感情というのは 他の感情で上書きしない限り
書き変わらないので それを上書きするためには
経験が必ず伴って来るからです

神様は今日 その事について
自分の感情に嘘をつこうとせずに
神様による上書きを期待するようにと
示してくださいました

確かに私は 自分の感情を理性で
ねじ曲げようとする傾向があるので
自分の主観を押し付けてくる人を見ると
どう対処すれば良いかわからず

神様が相応の結果をもたらされたとしても
その事に対しても自分自身が
どの様に受け止めればいいか
わからないところがあるのです

わからないなら委ねなさい と
神様は仰有られたので
神様の手の内で経験することを期待し
その中で自分自身がどの様に感じているのかを
しっかり見極めたいと思います

Pocket
LINEで送る