新しい視点

Pocket
LINEで送る

昨日 りゅうくんが神様のレーマを
受け取ってくれたことを書きましたが

それとは別に よい夫婦の日の
贈り物としてのメッセージを
贈ってくれました

それは まるで雅歌のようでした

また 寝る時だったか起きた時だったか
よく覚えていないのですが

りゅうくんと 幼い頃の話を
たくさんして それぞれに
幼い頃の素直な自分というものを
思い起こす時間がありました

私自身の子どもの頃の記憶は
とても特異な出来事ばかりなので
りゅうくんの 子どもらしい
子どもの頃の話にとても癒されました

また 出逢うきっかけとなったゲームで
出逢った時の印象は聞いていたのですが
よく遊ぶようになってからは
どの様に思っていたのかを聞いてみました

すると 毎日遊ぶのが当たり前になってからは
私が忙しくて遊べなかった時でも
来ないかもしれないと思いつつも
ずっと待っていた

と聞いて 泣いてしまいました

当時の私は 勿論毎日遊んでいる相手が
来なければ心配するよなと思って
どんなに忙しくても 挨拶だけは
しようと思っていたのですが

そうは言っても たまたまいただけで
自分が待たれていたとは
考えてもみなかったので

ずっと待っていたのに 来たと思ったら
挨拶だけしていなくなられるのも寂しいよな
と思ったら 泣けてしまったのです

その後に でもきっと子どもが産まれたら
こんな思いをたくさんさせるんだな と思いました

何か用事があるとき 仕事があるとき
幼稚園や保育園に行くようになるときに
たくさん 寂しい思いをさせて
いずれは一人の時間や友達たちとの時間が
大切に出来るように成長していく

そういう時に 自分に居場所があり
愛されているという確信を持てることは
どれ程大切なことであるかと思いました

以前の私なら その様な成長過程と
向き合う余裕はなかったと思います
自分のことで精一杯で
ただストレスに感じていたと思います

というより ストレスに感じるのが
嫌だったから 人が私を待っていると
考えたくなかったのかもしれません

また勿論 どんな時でも神様は
一緒にいてくださるので心強いですが

しかし 神様の愛に入っていくのにも
親に愛されていることを確信することが
強みになるだろうことが今ならわかります

若いうち 或いは幼いうちに
神様の愛を知り その導きの道へ
健全な形で入ることが出来るなら
それに越したことはありません

その為の土台を築き支えあうことは
人にしか出来ないし それは神様の御心です

私の学生時代 母が頼りにした
偶像崇拝をする人たちは
私のことや 私の友人のことを
家を壊すものだと言いましたが

偶像により建てあげられてきた
呪いの家を壊すことこそ
御心であったことを感謝します

偶像による全てが打ち砕かれ
神様があらかじめ私に用意してくださっていた
良いものだけが残りました

盗み壊すもの 尚且つ
自分達が盗み壊している癖に
正しい人を悪く言う不法のものたちは
正しい裁きをすることの出来る
唯一の方により一掃されました

古いものは全て過ぎ去り
新しいいのちに招き入れられたことに
心から 感謝をします

Pocket
LINEで送る