捨てるために必要なものを受ける

Pocket
LINEで送る

今日はQTを通して
あなたはまだ捨てるべきものを
完全に捨てきれていない
ということを示されました

それが何かということは
重要ではないので書きませんが
捨てるにあたり 大切なものが
何かについて示されたことを書きます

それは ビジョンです

イエスさまは 十字架の先に
私たちを得ることを見ていたから
目の前の人たちがどんなに
イエスさまを高くしようと
また 低くしようと
全く意に介されませんでした

エルサレムに入った時に
ホサナと言った人々が
十字架につけろと叫ぶことを
イエスさまはご存知であり

しかし ホサナと讃えられることは
聖書の約束であるから
それは成就するべきでした

その預言の成就は 後に
聖書を読む私たちが
イエスさまこそが真のキリストだと
知るためであるのだと思います

また バプテスマのヨハネに
水のバプテスマを授かる時に
これはわたしたちにとって
正しいことだと仰有られたのも
後の私たちのためであると思います

目的のためであり 神様のためであり
目の前の人の気持ちのためでは
ありませんでした

しかし バプテスマのヨハネを
今までの預言者の中で
最も高いものであったと示され

イエスさまを十字架につけろと
殴り 唾をかける人々に対しても
この人たちは何をしているのか
わからないのですととりなしました

全ては 神様のご計画の成就と
先に得るイエスさまの報酬である
私たちのことを思うから
それが出来たのです

イエスさまを十字架につけろと
叫んだ人の中にはきっと
聖霊に満たされたぺテロにより
悔い改めた人がいたことでしょう
イエスさまは その事を
ご存知だったのです

それは ぺテロが三度
イエスさまを知らないと言ってしまうことを
ご存知だったのと同じなのです

冒頭の話に戻りますが

確かに私は 過ぎたことにも関わらず
良い状態になった後にでも
あの時はこうだったのに と
思ってしまうことが結構あるので

もっとはっきりビジョンを見ること
また 仮にビジョンを見なくても
先には全てが益になることの方に
もっと意識を向けたいと思いました

また 逆にそう思っているにも関わらず
神様が 感情をそのままにと
示される時というのは
自分の至らなさを責めるのではなく
別の何か理由があることに気付き
神様に協力しようと思いました

Pocket
LINEで送る