夢に神様の介入を求める

Pocket
LINEで送る

りゅうくんが夜勤から帰ってきた後に
最近ずっと悪夢を見ているのだけど
毒出しだと思う というので

毒出しの悪夢だったら 自分の内側にある
トラウマや余計な思いに気付いて
それを手放すことで解放が起きるけど

そういう解放もなく ただだらだらと
悪夢を見続けるのは毒出しとは言わない

ただ悪夢を見続けるだけで解放がないなら
内に溜め込んだ毒や周囲の悪い雰囲気に
同意し続けているってことだから
そんなの見続けるのは精神衛生上良くないよ

きちんと悪夢に対して出てけって命令したり
悪夢の原因を示してくださいなり
悪夢の根を取り去ってくださいなり
夢の意味は何ですかなり 神様に祈ってるの?
と聞きました

すると じゃあ毒出しじゃなくていいや
でも自分の内面の暗いところだと思うんだけど
と言うので 不貞腐れずにきちんと祈ろう
神様による夢を見させてください~って

と一緒に祈りました

そして部屋も片付けて色々動いたし
きっと良くなるね と言って寝ました

すると 私までもが不思議な夢を見ました

起きてりゅうくんに話をすると
どうも りゅうくんの夢の続きが
私の夢であったようです

りゅうくんは 宇宙船が爆発して
脱出する夢を見たのだそうです

その時に 2人を小脇に抱えており
逃げた先ではトンネルのような道の上を
スケートボードのようなもので滑っていくと
途中で2人を他の人に預けることが出来て

更に進むと角に私が立っており
やっと逢えた というところで
目が覚めたのだそうです

角の向こうは見えなかったので
どうなっているかわからなかったそうです

そしてこの話を聞いたときに
その続きが私の夢だという
思いが与えられました

私が見た夢は 地下にいる私たちを
立場ある女性が地上へと連れ出してくれる
というものでした

立場ある というのは
この世における立場であり
神様が与えたものではありません

また 地下は本来のいのちとは違う
労働を強いる場所で 悪魔が支配している
この世を指していると感じました

私たちは一人の子どもを連れていましたが
その子が女性に全く懐かなかったし
神様に寄らず この世でだけ
立場がある人を信用は出来ないので
私はその女性を警戒していました

地上に出ると その女性は
私は立場ある人たちの集まりに行きますが
ここまで来ればあなたたちも大丈夫でしょう
と言って 私たちと別れました

その後 モノレールのような
高い位置を移動する乗り物に乗って
目的地らしきところへ向かうのですが
見回してみると 地上のあらゆるところが
正に火で燃えているところでした

地形を見るに 東京だと思いますが
大火事だ大変だ という感覚ではなく
それは良い炎 聖めの火が
燃えているのだとわかりました

むしろ 燃えていないところがあると
隅々まで火が行き渡るように祈りました

そして その様子を教会の兄弟と
通信で報告しあうという夢でした

起きた時に そういえば教会で
祈っていた時に イエスさまが
わたしはこれから東京に火を投げ込むが
火が点けられたことを憂うことなく
それが隅々に行きわたるよう祈りなさい

と レーマを与えてくれたことを思いました

いよいよ火が点くのか それとも
もう火は点けられていて 私たちも
それを見ることが出来るのかな と思いました

細かいことを言うなら
りゅうくんが抱えていた2人というのも
誰のことか気になりますし
預かってくれる人に引き渡せたというのが
地下で完結している出来事であるというのも
気になるにはなるのですが

とにかく 祈りによって
ただ悪夢を見ていたという状況には
進展があったようなので良かったなと思いました

勿論 祈った直後のことで今後は
どうなっていくかわかりませんが
りゅうくんと神様との関係が踏み止まらず
前進することを祈ります

(勿論 私もですが)

Pocket
LINEで送る