向き合うことに付き合う

Pocket
LINEで送る

昨日のことなのですが

物凄く久々に 何気ない風景の中にある
地の暗い部分というものを見せられました

それが1つだけなら然程気にしなかったのですが
1日かけて 3組もの違うタイプの暗さを見たので
これは 全く無意味じゃないぞ と感じました

尚且つ その件について祈ろうとしたら
りゅうくんが屁理屈をこねて邪魔をしたので
そうか この人の背後にあるものかと気付きました

言われてみれば 見かけた3組は
りゅうくんの家族が持っているであろう
霊的暗さと似たものがあるのかもしれません

荒々しい態度で怒りながら独り歩く老女
生きることに希望を見いだせずにいる学生達
建物の中を びっくりするぐらいの大声で
談笑しながら足早に行く酔ったサラリーマン達

思えば昔はよく見た光景で
別に珍しいものではないかもしれません

しかしその姿を見て その声を聴くだけで
この人たちには祈りが必要だとわかりますし
背景にいるものが聖くないこともわかります

すぐに 彼らが希望を得ることが出来るように
神様が作られた本来のいのちに
立ち返ることが出来るようにと祈りました

しかしりゅうくんは その祈りを邪魔しました

それは結婚直後にはよくあったことなので
過去に慣れ親しんだ暗い霊に
感化されたのだな と感じました

もし 自分がきちんと救われたという
自覚があるのであれば
人のことを祈ることは容易いです

ですが その救いを受け取り切らないなら
人が救われることを祈るのは難しいかもしれません

嫌だな と思うことを神様から
やりなさいと示される時に 葛藤が生じます

祈りたくないな と思う時に
それについて祈る人を見れば邪魔をします

それは 悪霊に操られているとか
そういうことではなく 感情の問題であり
本人の成長の過程です

蛇足ですが

悪霊を信じている人は悪霊の嘘を口にしますが
その内容は良くも悪くも霊的であり
こちらが何かをアクションするより前に
阻止しようとしてきます

こちらが行動を起こすよりも前に
察知して邪魔をしてきますし
攻撃があった時に 自分の感情とは
全く関係がない怒りや恐れが投げ込まれます

得体が知れないものについては
出て行け と命令をすれば出て行きます

しかし 私の行動や発言を見て
感情的になっただけの発言というのは
それは 人の感情の問題であり
私に対しても何の影響もありません

勿論私も感情がありますから
不愉快に思ったりもしますが
自分のことであれば制御すればいいだけですし
制御出来ない感情は神様に頼ればいいだけです

勿論

私自身 自分の感情にどう向き合えばよいか
わからないようなこともありますから
問題は その解決を神様に頼る意思が
持てるかどうかなのです

単純に どうしても許したくないと
思っているなら 神様に対して
許せるようにしてくださいとは祈りませんし

他の理由でも解決されては困るのであれば
解決を祈ることは出来ないのです

イヤイヤ期の子どもが
助けの手を伸ばされると怒るようなものです
自分でやるの!というわけです

子どもの頃に良い子だったり
親が強くてイヤイヤをしきれなかった子は
その感情を味わい尽くす必要があります

感情は 味わい尽くさなければ
終わらないものなのです

Pocket
LINEで送る