時を知る

Pocket
LINEで送る

今日はQTをする中で 過去に
理由がわからなかったことについて
解き明かしを頂きました

具体的に書くのは避けますが
自分にとっては当たり前だけど
人にとって当たり前だとは
感じられない事柄について

聖書に基づいた判断ではなく
人による判断が為された時
単純に 背後におかしなものが
いることがわかっているのなら
それを縛り上げることが出来ます

しかし それが人の間違えた
信念であったり 恐れである場合は
祈れば良いというものでもなく
その人が良い方向へと
神様により導かれることを
祈る必要があります

イエスさまも パリサイ人の
立ち位置に対して
彼等はモーセの座を占めているので
彼らの言うことは聞きなさい
しかし彼らの行動を真似てはいけません

と 教えられていますし
神様の願いは 彼等が滅びることではなく
悔い改めて神に立ち返ることであり

その時に彼等が受け取るものが
大変素晴らしいものであることは
周りの人さえ期待する程のものです

この事を理解出来なかった時は
まだその時ではない ということに
目が行ってしまっていましたが

今朝 神様はその希望に
目を向けるよう示されました

というより もうそれは約束され
受けることが確定したもので
それは何によっても損なわれることがない
ということが理解出来たのです

聖書に書かれていることとしてではなく
自分のこととして それがわかりました

時を知る ということは
今は隠されるべき時だと
癒した人々や弟子たちに
口止めをしたことも含むのです

しかしそんな中でも
イエスさまの母マリアは
カナの婚礼において神様の
みわざを引き出しました

私たちが味わえる前味というのは
カナの婚礼のようなものも
含まれるのだなぁと思いました

今がどんな時であろうとも
神様を信じ そのみ恵みにより
養われる人生は最高に素晴らしい

神様が私たちの内に
住まわれる時代に行かされており
神様のみ恵みにより生きることが
出来ることに 本当に感謝します❤️

Pocket
LINEで送る