神の義を慕う従順とそうではない従順

Pocket
LINEで送る

10月分のQTの啓示をまとめたので
印刷して読んでみたのですが

これをやることが 私にとって
どのような意味があるかを
実感することになりました

啓示を受けて書いている時は
その日その時に神様が示したい
具体的な言葉がありますが

それをまとめて読んだ時
私が感じたのは言葉の意味ではなく
そこに流れる霊でした

啓示の全体を通して 神様が
仰有ろうとしていることが
ただ1つであると感じたのです

それは 預言をする者のための
建て上げでした

神の啓示 預言というのは
人が欲しい言葉であるとか
人が求めている言葉ではない
ということを強く感じました

人を祝福することはある意味容易く
言う人も聞く人も心地好いですが
神様の預言というのは決して
そのようなものではないということを
一貫して語られていると感じました

偽預言者に気を付けなさい
と いうことだなとも感じました

実は最近 ある事柄に対して
違和感を感じていたのですが
それに対する答えが明確に
示されていたように思いました

神様から出た言葉を掴みながら
耳障りの良い敵の言葉を口にするのは
どういうことでしょう

心にあることが口から出るのです

忘れてはいけないと思うのですが
悪魔は神に対して従順でありながら
心は神から離れた存在です

悪魔は 人以上に神様に従順です
というより 従順にすることしか
出来ない存在です

イエスさまが出ていけと言ったら
懇願して豚に乗り移ったのは
神から悪魔に命令があったら必ずそれに
従わなければいけないからです

イエスさまは パリサイ人たちに
モーセの座が与えられていると
はっきりと仰有いました

だからパリサイ人の「言うこと」には
従わなければならない
しかし行いを真似てはいけませんと
イエスさまは教えておられます

神様は 心が悪いものであっても
一度与えた権威を取り上げません

その上で パリサイ人に対してイエスさまは
あなたたちは悪魔の子だと仰有った
父を見て父を真似るものだと指摘します

何が言いたいのかというと

人は 心が悪いままで悪魔のように
神に対して従順になることが出来る

ということです

従順であることというのは
神の子としての担保になりません
従順なだけなら悪魔にでも出来るのです

更に言うなら律法や聖書を語ることも
悪魔には容易く イエスさまが
悪魔に試みを受けた時も悪魔は
聖書のみことばを用いたのです

神様を愛すること以上に
自分を愛したのが悪魔でした
神を賛美する自分に酔ったのが悪魔でした

心にあることが口から出るのです

本当に 心に気を付けなければ
いけないな と思います

Pocket
LINEで送る