神様に心を開く

Pocket
LINEで送る

明日は 洗礼記念日なので
何人かに声をかけて一緒に
食事をしようと話していたのですが

ぎりぎりになり全員の都合が
つかなくなってしまいました

どういう意味かなーと神様に
尋ねていると これからまた
新しい時期に入ることを示され

その直後に今までほとんど
話をしたことがなかった人から
メッセージが入りました

直前に都合が悪くなった人も
新しい 会ったことがない
遠方から来る人たちと
会わなければならなくなった
と言っていたなぁと思い

今は前を見る時なんだな
と思いました

昨日 神様との関係が
なんとなく変わったことを
書きましたが

主観で言うなら神様が
いらっしゃる位置が変わりました

今までは 目の前や隣の
席に座っていてくださり
話し掛ける感じであったり

後ろにいて一緒に何かを
してくださるような感じでしたが

今は 私の心の前にいて
私の心を守ってくださったり
私の心よりも先に思いを
与えてくださるような感覚です

今までの平安は 心の奥に
与えられる感じでしたが

いつも暖かいものに
守られているという
安心感があります

そして 前述の通り私の思いとは
全く違う言葉が与えられることと

私の望みや願いを神様が
引き出そうとされていることを
とても強く感じます

このことが一番顕著に
現れているのがQTで
今までであれば QTをすれば
その言葉は心に残り
何度でも思い起こして
掴むことが出来たのですが

ここ数日のQTは 書いても
全く頭にも心にも残らず
忘れてしまうのです

一番の理由は QTの
元になる聖句と全く
違う内容(と私が感じること)が
示されるようになったことです

書き記す方法を変えて
何度も読み直す必要があるなと
感じていますが

語られていることは一貫して
私の望みや願いを引き出すことを
神様がされている ということです

例えば以下のようにです

愛する澄子 みことばを食べ
喜び建て上げられることを
あなたが本当に
望んでいることを感謝します

ですが あなたはあなたの心を
置いてはそれは出来ません
あなたは癒されて
心からそれを喜べるように
ならなければいけません

あなたが喜んでいないなら
それはわたしの心ではありません

求めなさい あなたはもっと
心を大きく開き 本当のあなたが
求める全てを求めるのです
妥協してはいけません

何か問題が起きたときに
それを問題だと感じる根拠は
本来はこうであって欲しいという
思いがあるからです

しかし こうあるべきだという
願いはただのコントロールであり
そのような祈りは聞かれません

そうではなく こうあるべきだと
思うに至った背景にある
自分の本音に気付き それを
願うことを神様は望まれています

人には 人それぞれに
成長の時期や課題があるので
そのこと自体にこちらの思いや
都合を押し付けることは出来ません

私の問題と人の問題は
一緒ではなく
人の問題を用いて敵が
奪い取ろうとするものを
守らなくてはならないのです

Pocket
LINEで送る