神様以外に救いがない理由

Pocket
LINEで送る

起き抜けに とても明確な
夢を見たのですが それは
かなり不愉快な内容でした

生活のスタイルや好みが
全く噛み合わない2人が
一緒に暮らした結果 互いに
憎しみあうようになり

結果として別れを決めて
それぞれが別の道へ旅立つのですが

私は夢の中で
バスターミナルで働いていて
別々のバスに乗ろうとする
2人の別れに たまたま
立ち会っていました

また事務所には 男性が描いた
海と岩の絵が置いてありました

他の乗客がスムーズに
バスに乗り込む中で
その2人は互いを睨みつけて
なかなかバスに乗りません

男性は 何かを怒鳴っているように
見えるのですが 声が出せないのか
彼の口から音は出ておらず
何を言っているのかはわかりません

女性は 男性の何が嫌だったかを
ずっと言っているのですが
例えばそれは 男性が早朝に
家を出ていくのが嫌だとか
生活スタイルが噛み合わないことで

そこを理解しあえないなら
そもそもで最初から一緒に
住むべきではなかっただろうと
思うようなことばかりでした

事務所に戻り 男性が描いた
絵を見ていると ここには
命がないなぁと感じました

そこで私は こうすれば
命を感じるようになるのではと
波飛沫を入れてみようとしますが
描こうとする波飛沫にも
躍動感は出ず それは
死んだ絵のままでした

起きたときに

あまりにすっきりしない
内容だったので これは
私の内に溜め込んでいたゴミが
炙り出されたのだな と
思いました

そしてその思いの通りに
私の内にあった様々な
自分に対する間違えた
アイデンティティなどに
思い当たり 全てを神様に
捧げる祈りをしました

その中で 原罪 というものに
思い至ったので
私は胎に形作られた時から
人は罪人なのだと告白しようとすると

それは違う 人は胎に創られるときは
わたしのイメージ通りであり
地に産まれ出て アダムとエヴァが
誘惑された時のように あなたたちが
罪を犯すことで罪人になるのだ

と 示されました

そもそもで正しい教えのないところでは
親が間違いを教えることすらあるが
しかし それであったとしても
親に従わなければ罪となる

神がいない 教えがない環境では
人はどうあっても罪を犯すことになる
ということを示されたのです

それは 聖書にある通り
罪を犯したことのない人は
一人もいないということで

そもそもで 神様は罪に対して
はじめから 生け贄を捧げるという
あがないの手段を用意されました

罪を犯すことは避けられない
しかし 悔い改めることと
生け贄を捧げることが大切で

イエスさまがその生け贄と
なってくださったことを
受け入れたものは
永遠の生け贄と 罪を見分ける
霊が与えられるのです

肉に死に 霊によって生きる

霊を受けずして生きることは
出来ない ということです

他にも個人的なことを
たくさん示されました

私がどのように生きていたのかを
神様の目線でたくさん
教えてもらいました

親が真理を知らなければ
親に教えられた通りに
素直に生きたとしても
罪の報酬を刈り取ることになり

親が真理を教えないからと
親に反発して生きれば
例え聖書的に正しく生きても
我が子を捧げて自分の欲を満たす
神様に忌み嫌われた者となる

よく神様は ヤコブが
伯父のラバン(占いをする者)の
元にいた時の態度を示されたり

どんな暴君であっても
神が立てた権威に従うようにという
聖書箇所を思い起こさせて
くださるのですが 本当に
それが真理だ ということ

そして この世において
善く生きることは
神様の助けとあがないがなければ
本当に無理なのだ ということを
深く深く実感しました

Pocket
LINEで送る