賜物を神様に委ねる

Pocket
LINEで送る

数日前に肩をちょっと痛めてしまい
フィットネスのパーソナルトレーニングを
真面目に集中して受けることを決め
その一回目が昨日だったのですが

やっぱり受けてみて良かったなぁと
思うことばかりでした

感覚的に「筋肉の使い方が偏っている」ために
首や肩の痛みが治らないのだろうことは
なんとなくわかっていたのですが

矢張り 肩甲骨の上(=肩)の筋肉だけが
大変発達してしまっており
肩甲骨や腕の筋肉の一部があまり動かず
発達した筋肉だけが無理をしている
状態であったそうです

周囲の筋肉の中には凝り固まっており
全く動かないような筋肉もありましたが
ストレッチをして伸ばせるような位置ではなく
自力で改善することは不可能だったようです

ほぐすだけではなく ほぐしてから
筋肉を動かして強くする必要があるそうです

今まで たくさんの整骨院やマッサージに
行きましたが やっぱりスポーツトレーナーが
私には一番合っていたなぁと思い
出逢いを頂けたことを本当に感謝しました

スポーツトレーナーに診て貰いたい
という思いはもう20年ぐらい前から
抱いていたので 時代が追い付いた
という表現になるのだろうなぁと感じます

神様がなさることというのは このように
長期に渡ってのご計画であることがあります

20代の頃 1年だけ名古屋に仕事で行き
ホームシックになりましたが
帰りたいと思った場所は渋谷でした

渋谷はよく通りはしたけど住んだことはなく
なぜ渋谷なのだろうと思いましたが
私が洗礼を受けて所属する教会は今 渋谷区にあります

帰りたいと思った時 まだその場所は
出来ていなかったのです

また その教会は 幼い頃や洗礼を受ける前に
こんな場所を持ちたいとイメージした通りの
建物であることを 神様はビジョンで
何度も見せてくださいました

ですが クリスチャンになってからは
私が見たことがない 聞いたことも
イメージをしたこともないようなことを
預言として与えられることが多く
身体の癒しも その中の一つです

神様は 私が見ることが出来ない
より高いビジョンをお持ちであり
私は それにとても期待をしています

何故なら 自分が見たものが
その通りになるのは 実は
私にとってはあまり面白くないからです

それは もしかすると生来持っていた
預言の賜物を敵に傷付けられてしまった
結果の感情であるかもしれません

ですが 神様はそんな私の思いも
よくご存知で そのままを愛してくださるので
私にはわからない 素晴らしいものを
たくさん見せてくださるのです

どの人も 神様があらかじめ備えてくださった
賜物を持っていますが その多くが
この世の力により傷つけられており
なかなか自分の道へと踏み込めずに
いるのだろうと思います

これも私の賜物の故の感情ですが
そういった 傷付いた人を励まし
神様と歩むという素晴らしい道へと導きたい

以前であれば そのような役目をするとき
自分が置いて行かれるような思いがして
とても嫌だったのですが

神様の守りの中にいるなら
それは敵の嘘であることがわかります

神様に自分の賜物を委ねる時
神様が自分を通して働いてくださることが
自分自身を満たす命の糧となります

賜物を用いて 多くの人の励ましになりたい
最近 本当に深くそのように思います

Pocket
LINEで送る