代々続く呪いの源

Pocket
LINEで送る

今日は 神様から大きな2つの
示しを与えられました

いずれも 聖書の中で
人と神様との関係を表現する時に
人が女性として表現されるのか
ということに関係したお話です

女性として表現される というのは
良い形であれば クリスチャンは
キリストの花嫁として建て上げられる
という表現をされて

悪い形であるなら 偶像崇拝を
姦淫の女と例えられている点です

どうしてこのような
女性としての表現を
しているのだろうということが
ずっと気になっていたのです

アメリカの牧師婦人
とりなし手の女性が書いた本には
神様の奇跡を受け取り祈る時に
神様の奇跡を妊娠するという
表現が出てくるのですが

それが私が気になっている件と
関係があるのだろうと感じていました

それに対して神様は
正にその「妊娠の仕組み」により
神様と人 というよりも
霊と人との関係について
教えてくださいました

女性の胎内では卵子が排出され
そこに精子が入ってきて妊娠しますが

卵子というのは後から
生成されるものではなく
最初から女性の身体に存在しています

原始卵というものが胎児のうちから
女性の身体に存在しており
胎内にいるときに既に
一生分の卵が出来ているのです

それは時が来ると成長して
外に排出されますが
排出されるものはほんの一部で
殆んどが死滅していきます

卵子には DNAの半分だけが足りず
それ以外の全てが存在しています

そのように 神様は
ただ一欠片のものだけが不足し
それ以外の全ての必要が
備えられたものを
人の内にあらかじめ創られ

そして その足りない一欠片が
霊なのです そして霊は言葉です

神様の言葉を受け取り
それを孕み 産み出すか
それとも敵の言葉を受け取り
それを孕み 産み出すか

ということなのです

勿論その事は聖書にも
書かれていることだし
様々な形で教え継がれていますが

卵子や妊娠がどういうもので
どうして神様が 人を通して
その奇跡を起こされるのか

また 胎内にいるときから
あなたを知っていて
その為にあなたを創ったと
神様が仰るのかについて
卵子の性質を考えると
物凄い納得がいきました

私たちは卵子を固く守る義務がある
また 仮に神様の言葉により
奇跡を妊娠したとしても
敵はそれを殺そうとやってくる
それをイエスさまの血潮で
完全に守ってもらうことは
本当に 私たちの義務で

また そのように生きるときに
夫である神様から全ての必要が
与えられると信じて受け取ることも
ある意味義務のようなもので

受け取る時の心の態度を
神様はご覧になるし

良い夫である神様からしてみたら
妻がそれを受け取らずに
栄養失調になってきちんと
産み出せなかったらその責任は
神様ではなく人にありますし

敵からの攻撃からも
神様は守ってくださいますが
誘惑されて守りから出るなら
その責任も人にある

ましてや敵との姦淫で
それを死なせるなら
罪に問われるのも当然ですが

しかしイエスさまを知る前に
それらの罪に苦しんでいたとしても

イエスさまは
それら全ての罪を背負い
もう二度と罪をおかさないよう
整えてくださいました

そのように 神様はご自身が
やるべきこと全てをきちんと
なしてくださいました

もし それを受け取らなかったり
誘惑に陥り子を死なせたら
それは人の責任なのです

また 神様以外の子を孕んで
必要を求めても 神様には
与える義理はなく
それを満たすのは悪魔なのです

そして この事は
もうひとつ示されたことに
繋がっていきます

神様は 親を敬うものに
長寿の約束をしてくださっています

また偶像崇拝をする者に対して
自分の欲のために子どもを
生け贄とする者だと怒られています

この事について 私はただ単に
昔の悪魔崇拝のような
本当に 子どもを生け贄として
捧げる行為のことだけを
指していると思っていましたが
そうではないと神様から
示されたのです

詳細を書くのは難しいのですが

たとえどんなに不条理なことや
時代に合わないことであっても
或いは 親がどんなに聖書的に
間違えた教えをしていたとしても

それでも 親の教えを無視して
自分の我を通そうとする時に
親の霊的カバリングを外れてしまい
悪魔にいいように攻撃され
人生を破壊される ということを
私は身をもって経験しました

例えば うちの父はお金に対して
脅されれば払ってしまうとか
二千万もの額の連帯保証人となり
高飛びされるという経験があり
若い頃はその点において父に対し
物凄い反感を持っており
このようにはならないと誓っていました

しかし そのようにして親の
カバーリングから出てしまったために
若い頃に お金絡みのトラブルに
何度も巻き込まれたのだと
クリスチャンになってから気付き

親を裁いていたことを
悔い改めた時に 神様は
金銭面での回復をくださいました

親がどんなに間違えていても
裁くことで自分が敵に
いいようにやられてしまうのです

その様な中でも もし
我を通してうまくやろうとするなら
悪魔と契約するしかないのです

私にとって 金銭面でのことは
上手くいかなかったので
幸いであると思いますが

しかし 別の面では私は
悪魔と契約をしてしまっていました

それは いじめに対してのことです

私は幼い頃 知的障害を持つ
友人がいて その子がいじめられると
かばっていたのでいつも
喧嘩ばかりしていました

ある日 風邪か何かで学校を休むと
机が廊下に出されており
机の中の文房具が全て壊されていました

私は大変負けん気が強いので
それで屈することはありませんでした

先生に報告すると 全て
新しいものを買ってくれたので
私は 例え体調が悪くても
二度と休まず全てを守ると
固く誓いました

その誓いは 怒りに満ちており
その時に悪魔と契約を結んで
しまったのだそうです

神様を知らず 神様に頼らず
そのように誓ってしまうと
こちらの意図や こちらの
知る知らないに関わらず
勝手に契約を結んでしまうのだそうです

酷い悪徳商法のようだと思いますが
そもそも悪魔ですからね

とにかく その後私は
どんなに体調が悪くても
絶対に学校を休みませんでしたし
喧嘩にも一度も負けることはなく
その時を振り替えると
超人的といっていいような
出来事ばかりだったのです

それはいじめっ子から
友達を守るためでもありましたから
最終的には 私の回りから
いじめや喧嘩はなくなりました
また 私の持ち物が壊されると
友達たちが うちまで来て
すみちゃんは悪くないと
親に弁護してくれたりもしました

しかし 父はその事に対して
私を酷く悪く言いました
格好をつけているだの
おまえが騒ぎを起こすと
家の評判に響くだの言いました

私は 外ではとても評価され
頼りにされていたので
父のその評価は正しくなく
私のことや友達のことよりも
世間体を取る弱い者だと
軽蔑をしました

しかし このようにして
悪魔と契約を結び
親を裁くことは勿論
聖書にある 親を敬うことが
長寿となるというみことばに
反するものです

私は体調が悪くても
誰にも労って貰えず
私自身もそれが当然だと思い
無理をするのが当たり前で
身体が弱ければ人は
迷惑がり切り捨てるものだ

という価値観に生きてしまい
その様な薄情な 自分のことしか
考えない人たちのために何故
私が頑張らねばならないのかと
虚しく思うようになり
生きていることが本当に
苦痛に思うようになりました

しかし私は神様のために
自分の命があると信じていたので
神様のために何もしていないのに
ここで死ぬわけにはいかない と
神様だけを求めて生きていたのです

ですが クリスチャンになり
自分が知らずのうちに悪魔と
契約していたと知り それらを断ちきり
本当に自由になりました

私は子供がいなかったので
その事を学ぶだけでしたが
実際は 子どもを2人おろしています

ある側面では 当時の主人が
産ませてくれなかったわけですが
その事も含めて こんな環境で
子どもを産んだら子どもを
不幸にするから産めないという
判断で子どもをおろしたわけです

しかし周囲の人たちには
離婚してでも産めば良かったのにとか
産んじゃえばなんとかなったのに
ということをたくさん言われましたが
そのどれもが私には嘘に聞こえました

事実 神様は子どもの件について
神様がどのようにご覧になっているか
教えてくださいました

人の罪の代価となった というものでした

それを知らされたときは
それはそれで物凄いショックだったし
色々な思いがありましたが

ともあれ 過去の自分が
本当に間違えだらけだったこと
そして そんな私であっても
神様は私をそこから救い上げて
人生を神様により取り戻すことを
ご計画してくださっていたことに
本当に感謝するしかないのですが

ここに 偶像崇拝は
子を生け贄にする という
霊的な法則があったわけです

ここまで書いたことは私の
個人的な体験なので
それを他に適用して考える
ということは当然しませんでしたが

しかし 先日母が言ったある言葉と
私の今までの人生で 母に
破壊され続けてきた事柄とに
恐ろしい法則を見せられたのです

母は過去 私と友人との関係を
本当に 立ち直れない程に
酷いやり方で度々壊してきました

私はそれを 母より友人を大事にする
私に対する母の嫉妬だと
ずっと思ってきたのですが
そんな単純な問題ではありませんでした

先日母を 母の古い友人に
逢わせるために東京と神奈川に
連れて行ったのですが その帰りに
母が その友人との仲を
母の母 私の祖母に酷く反対され
あんな子と付き合うなと
何度も怒られたが
古い考えで全く酷かったと
祖母を軽蔑する発言をしたのです

母は 親を今でも裁いており
悪魔と契約を結んでしまっており
その代価として私の友人関係を
生け贄としているのだ と
霊的に示されました

酷いやり方で友人関係を壊された
というのは 背後に
悪魔がいるからなのです

大変びっくりし また
忘れていた過去の友人たちへの
思いが一気に吹き出してきて
本当に 胸が締め付けられる思いでした

一瞬 母に対する物凄い
怒りの感情がわいたのですが
しかしそれはすぐに許して手放しました
悪魔の思惑に乗る必要はありません

そして神様に この件について
どうすればいいか尋ねましたが
とりなしをする以外には
思い浮かびませんでした

なので 母になったつもりで
親を裁いたことを謝罪し
悪魔と契約を断ち切る祈りをしました

すると 直後に物凄い緊張と
怒りが満ちました

また 普段は静かなアパートで
突然 がたがたっと音がしたと
思ったら がたがたがたがた と
イライラするような音が深夜に
なり続けました

恐らく 母からあぶり出され
留まれなくなった敵が
怒ってこちらに来たのだと思いました

仕事中のりゅうくんの
休憩時間までそれは続きましたが
りゅうくんに祈って と言うと
すぐにそれはおさまりました

しかしりゅうくんが食器を割って
少し怪我をしてしまいました

ですが 逆をいうとそれだけで
敵は逃げていきました

すると 母のことだけではなく
何人かの 同じような呪いを
掴んでしまっている人が
思いの中に与えられたので
その人たちについても祈りました

親に反発をし 親を裁き
自分の道に行こうとすれば
悪魔と契約を結ぶ隙を作り
子どもを生け贄にすることになる

という 本当に恐ろしい
霊的な事実があったのです

神様が 私たちに対して
あなたたちの結婚は 先祖代々続く
呪いを断ち切るためのものだ
と何度も示してくださったことに
心から感謝をしました

神様を知らない人
真理を知らない人の
思いを変えようとは思いません
そのようにすることは間違えた
アプローチであると思います

地の呪いを打ち破り
人を解放する権威は
イエスさまがクリスチャンに
与えてくださったので
私たちは神様の闘いの
お手伝いをするだけなのです

これは自分以外の他の人の
ことではありません
問題の渦中にある人
(例えば私にとっての母)が
真理を学び解放されることが
答えなのではない

これは 他の人のことではなく
自分のことなのです
自分に与えられた権威を
用いることが神様のご計画なのです

それは神様から出たことであり
人の計画ではありませんから
自分のこととして祈るとき
神様は必ず事を為してくださるのです

しかしその様子は見ることが出来ず
ただ結果からのみそれが
正しかったかどうかを
見ることが出来ますから

結果 良い実りを見ることが
私たちの報酬です

自分のやるべきことを
やったら あとは
神様に期待し待つだけです

敵と闘うのは神様です

私たちはただ自分の思いと
闘い神様を賛美するだけです

光を当て 全てを
為してくださる
本当に良いお父さんである
神様に心から感謝します

全ての問題に 神様の介入を
期待して祈ります

また たくさんの良い実を
得ることが出来ることにも
期待して祈ります

神様のご計画 神様のなさることは
どれも本当に素晴らしいものばかりで
そして 力に溢れています

神様の栄光が地に満ち溢れますように

Pocket
LINEで送る