神様のイメージを着る

Pocket
LINEで送る

先週 教会でマーク・タブス牧師の
メッセージを聞いた後

自分の信仰や頑張りに頼らず
神様からの全てを受け取れるように
神様に対して100%受け身の
体制でいよう と思いました

その後 数日は今はまでに
体験したことがない程に
肩の力を抜いて 本当に
受け身体制でいることが
出来たのですが

気持ち的には こんなに
まったりしていていいのかーと
心配になるほどでした

フィットネスクラブで
運動した後に血圧を計ったら
とっても良好だったので
血圧の高さは肩に力が
入っているせいだったのかな
と 思いました

ところが すぐにその平安を
盗むものがやって来ました

心の平安を乱される出来事
自分の頑張りに頼りたくなる誘惑
気を使わされるような事

特に それはちょっとあまりにも
非常識過ぎやしないか?という
人の態度に悩まされると
肩に力が入ってしまうことに
気が付きました

敵は的確に弱いところを
突いてくるということですが
しかし 逆を言うなら
そこに神様の栄光が流れるので
本当に よい訓練であるし
敵が攻撃してこなければ
絶対鍛えられることがありません

兎に角 この件というのは
自分自身の在り方を
完全に神様に置くための
訓練だ と感謝をして
受け取ることが出来ました

するとQTを通して 神様から
このような語りかけがありました

素直に従うものは恥を見ません
自力に頼る強気なものには
恐れを送り 怖じ気づかせて
砕いて素直に従う心を
持たせることが神には出来ます

わたしは人の強さにも弱さにも
信頼を置いています
何故ならわたしが
そのように創ったからです

人は自分の思いでそれになんとか
立ち向かおうとしますが
必要ないのです
(自分の弱さを克服しようと
する必要はないという意味です)

わたしがその様に創った
そのままを愛するのは
当然なのですから

この語りかけを聞いたとき

神様はご自身の信仰で
私たちを愛してくださっている
ということの真意が理解出来ました

神様にとって私たちの弱さは
当然の事なのです
その様に創られたのは神様であり
その部分を神様に頼ること
神様が弱い部分にご自身を
現す前提でその様にされたのです

どうしたら人が自分の弱さを悟り
その部分を明け渡すことが
出来るかどうかも神様は
ご存知なのです

私たちがどんなに自分の思いで
自分の弱さを克服しようとしても
覆い隠そうとしても
神様は ご自身が創ったままの
私たちのことを信じておられるので
その時間は無駄な時間となります

訓練というのは
神様が創られたそのまんまを
知って 受け入れて 神様に
頼ることを学ぶ訓練なのです

今までは 神様がいなかったために
自分でやって来なければならず
その分 本来やるべきことが
疎かになっていた それを
正常化するのが目的です

本来やるべきこと

それは神様の栄光を
現すことだったり
自分の本当の姿の強みを
良いことのために用いることです

神様は 神様を信頼して愛して
求めてくれる人に対してなら
不可能なことは何もないのです

ですが 人が敵を信じていれば
敵の信じた通りになるのです

神様のイメージを外れようと
頑張ることは無駄なのに
頑張ってしまう

神様が守ってくださるから
自分を守る必要はないのに
警戒心を持ってしまう

神様を信頼すれば神様の
信仰の通りになるのに
敵を信じる嘘に翻弄され
思い悩んでしまう

いつまでも自我を押し通して
変わろうとし続けるなら
自分も他人も傷付けます

自分を変えようとする人は
人も変えようとするからです

いつまでも自我を押し通して
神様のイメージを掴まないことは
神様の聞く耳や見る目を拒否して
無音盲目の暗闇に留まることです

そこには自分の間違えた思いと
敵の声だけが響き渡っています

そんな場所に留まり続ければ
神様に出逢う前の自分に
戻ってしまうのは当然のことです

しかし 神様を心から愛して
神様の見る目 聞く耳を
本気で求めるなら
どんなに本当の自分を
受け入れることを拒否しても
神様の信仰によって覆われ
事は為されるのです

神様に愛されて
神様を信用する人は
神様のイメージに完全に
飲み込まれるのだ

と思いました
勿論それは良い意味で です

敵の嘘と自分の未熟さの故に
創られた間違えた自分像など
私はさっさと捨ててしまいたい

ですが誰もがそうではないし
そうではない人が
そうではないことも
神様は折り込み済み どころか
その様に創られたのが
神様自身であるのです

神様のイメージは
本来のイメージです

どんなに嘘偽りのイメージを
着込もうと思っても
本来のイメージの方が
力強く そして心地好いのです

嘘偽りのイメージは
破壊と破滅と死をもたらします

どうしてそんなものを
着続けようと努力する必要が
あるでしょうか

しかし この世はそういう
世界なのです

神様のイメージを着ることは
本当に 救いであり解決であり
この世においてよく生きる
唯一無二の方法であり
それ以外に解決はありません

創られた方のイメージに
生きられることが出来る
御恵みに心から感謝します❤️

Pocket
LINEで送る