自分自身の在り方を神様に捧げる

Pocket
LINEで送る

神様は 過去に敵に壊されたことを
取り返してくださることも勿論ですが

向き合うべきだったのに
向き合えなかったことについても
取り返し(やり直し)を
させてくださると感じます

最近 ある困った出来事について
そう言えば過去に 同じような
状況に遭遇した覚えがあるな

と 思い出すことがありました

似たような状況ながら
自分が選ぶ態度は過去とは
全く違うわけですが

神様のみこころにより
自分自身が守られている
ということを強く感じました

過去の自分は 自分自身を
守ることよりも 自分が
大切にしたいものを
守ることを選ぼうとしていました

しかしその反面で
大切ではないものについては
一切興味を示しませんでした

今思うと愛がなかったなぁと
思うのですが しかし
今 それに愛をもつべきかと
聖書的に考えると大変
微妙なところではあります

しかし 神様からの示しは
相手を愛することの前に
自分自身をきちんと愛すること

苦手な人 納得いかないような
考え方をしている人を前にして
自分自身がそれに引き摺られて
しまわないこと でした

自分の品格を下げないこと
ということかもしれません

どんな状況においても
イエスさまに遣えるように
最高のパフォーマンスで
仕事をすること というのは
とても大切なことであると思います

それは 神様の栄光のためであり
自分自身の戦いを
良いものにするためです

御国を流すのに 人のことは
関係ないのだと思います

評価をするのは人ではなく
神様であるからです

Pocket
LINEで送る