御国の文化を求める

Pocket
LINEで送る

イエスさまがエルサレムに入る時
イエスさまは ロバに乗っていきました

戦士が乗るような大きな馬ではなく
荷物を運ぶ子ロバでした

そしてそれは 旧約聖書に
預言された通りの出来事で
神様のご計画でした

考えてみればイエスさまが
お産まれになった場所も
馬小屋でした

後世に聖書を読む私たちは
このへりくだりこそが
御国の王様の素晴らしさだと
感謝をすることが出来ますが

しかし当時のイスラエルの人々が
求めていた王というのは
ダビデのように 戦に長けた
武力的な意味で強い王だった
と考えられています

ローマの圧政に苦しんでいた
当時のイスラエルの人々は
革命を起こさないイエスさまに対し

嫉妬から十字架につけろと
煽動する指導者たちに乗って
市民たちも十字架につけろと
叫び始めます

つい数日前 イエスさまを
讃えていた人たちが です

この箇所について 神様は
私にこのような切り口で
語りかけてくださいました

偉くもないものが偉ぶって
人の上に立ち続けようとすれば
緊張と重圧に苦しみます

それは 偉ぶって人の上に
立つことが この世の摂理に
反することだからです

この世界を創られた
真の王である神様は
恵み豊かで謙遜な方です

ですから そのように統治する王は
恵みに富み 人々がその統治を
喜んで感謝して支えるので
神がいるイスラエルでは
そういう王様は安泰でした

摂理に反したことをすれば
その報いが訪れる
力で支配をすれば
人々は不満を募らせますし
寝首をかかれることや
反乱を恐れなければ
いけなくなります

神様はまた このようにも
示してくださいました

真に偉いものは 偉ぶらずとも
人々が崇め高めます
真に豊かなものは
どんなものでも施せます

神は人をご自身に似せて作られた
それはご自身のように
人を成長させるためです

人が体験する統治の最初は
親による統治であると思います
何も出来ない状態で産み出され
生きるための全てを
親に与えられて
大きくなっていきます

尽くす親を見て育った人は
尽くす人となることでしょう

そういう人は幸いですし
幸いな人が引き立てられて
幸いが地に広がります
それこそがこの世の摂理です

より多くの事柄に尽くすことが
出来る人には より多くの
領域が任せられるでしょう

もし その様に育つ機会が
与えられなかった人であっても
神様は ご自身の子として
受け入れてくださり

そして私たちにご自身の
慈しみと恵みに富んだ姿を
現してくださいます

それにより 心の傷を癒し
幸いなものへと作り替える
それが 神様のあがないであり

そのあがないは 私たちが
その姿を模範として 同じように
恵みに富み 与えるものとなり
尽くす姿へと成長するためです

人は 見聞きするものに
影響を受けますし
口に出して言ったことにも
影響を受け 似ていきます

誰かを裁けば
自分自身がその
裁いたものに似ていきます

これは科学的にも言われていることで
人の脳は主語を理解しないので
口に出したり心の中で
思い巡らす批判的な言葉の影響を
自分自身が一番受けるからだそうです

嫌だ嫌だと思い巡らしていると
嫌なものに似てきてしまうのですから
心の中を何で満たすのかは
本当に大切なことですし
吟味し続けたいところです

もし神様がいなければ
或いは神様を知らなければ

人は自分勝手に 自分がなりたい
姿を自分の心の中心に置くことでしょう

それがもし 本当に
自分のなるべき姿として
相応しいものであるならいいのですが

無い物ねだりをしてしまえば
理想とギャップに苦しむことになり
本当の自分の反乱に苦しみます

本当の自分は いつも素直に
自分自身のままで成長したいと
願っているので

それを否定したり 歪めるような
理想像を掴んでしまうと
怪我をしたり 病気になったり
いつも大事なときに限って
失敗するといった
自分自身の反乱に
遭遇してしまうのです

神様が創られた自分自身を
否定すれば 落ちてしまうのです

自分自身の本来の命を
知ることはとても大切ですが
それを一番よくご存知なのは
創られた方です

本当の自分の姿をご存知の方は
より頼めば 本来の命に
水も栄養も注いでくださいます

神様の御手の中には欲や重責はなく
また誘惑の罠や悪意もなく
伸び伸びとした健やかな成長を
妨げるものはありません

敵の力により苦しみつつ
権力を得た者たちは
自分たちが蔑んできた
罪人たちが救われて
悔い改め 生き生きしているのを
見て妬みました

しかしパリサイ人の中にも
本来の命を得たことで
大きな影響力となった人もいます

新約聖書の多くを書いている
パウロがその人です

元々熱心に聖書の神を
求めていたパウロは
真の神と出会い 使命を知り
神様と共にその命を
駆け抜いていきました

真の神を知ることなく
クリスチャンを迫害し
神を愛しているのに
神の敵として生きる道から
救い上げられ 本来の命を
生き抜いたのです

実際 イスラエルの人が
福音を受け取りクリスチャンと
なったとき 彼らが受け取る
神様の知恵の深さはとてつもないと
イスラエルで働く牧師さんが
話しておられました

神様が用意されている
本来の命を この世で全うすることは
この地を創られた神様の御心です

そこには神様の御心があり
ご計画があり そのご計画は
平安のご計画です

多くの人が この世界の
歪んだ命ではなく
神様が創られたままの
本来の命を豊かに得て
喜び楽しむことが出来ますように

Pocket
LINEで送る