自分が属する世代

Pocket
LINEで送る

今日はりゅうくんが
お休みだったのですが
もしかしたら会社から呼び出しが
掛かるかもしれない と言うので
自宅待機になっちゃうかなぁ
と 思っていたのですが

私がうっかりメガネのレンズを
外してしまったため 急遽
外出をすることになりました

りゅうくんは 外出する
口実が出来たと大喜びです

メガネを作ったお店の
チェーンが駅ビルにあったので
ついでに駅のフードコートで
食事をしようと家を出ました

ところが夏休みでお昼時の
フードコートは大変混んでいました

席が空きそうだったので
待っていましたが
席を片付けていた人の
通路を確保するために
ちょっと避けた隙に
学生に席を取られてしまいました

4人席に1人で座っている人もいるし
店員が誘導していない場所で
この時間は気持ち良く食事が
出来ないな と思ったので
場所を変えることにしました

神様に どこで食事をするか
尋ねながら歩いていると
以前から気になっていた
カレー食べ放題のお店が示されました

入ってみると りゅうくんが
実は 今週スマホのモバイル通信を
ずっと切っていられたら
ご褒美をあげる と神様から
言われていたのだけど
今日1日がそのご褒美だよって
言われた と言うのです

じゃあ このお店に来れたのも
ご褒美で 私もそのご褒美の
恩恵に預かれるのね と言いました

眼鏡のレンズをうっかり
外してしまったことも
行こうと思っていたお店で
食事を出来なかったことも
神様のみこころであるなら
感謝だね と言いつつ

席が横取りされて少し
不機嫌になってしまったことを
悔い改めました

モバイル通信の件については
実は りゅうくんが余計な
情報(見た後に明らかに態度が
悪くなるもの)を断つように
言っても言ってもどうしても
止められなかったのですが

今月は wi-fi環境を
解約してしまったので
りゅうくんがすぐに
モバイル制限を受けて
しまっていたのですが

データチャージを1度だけして
礼拝動画を見るために
取っておいてね と
お願いをしていたのです

そこへ神様が介入して
りゅうくんにモチベーションを
与えてくださっていたことに
感謝をしましたし

やっぱり私もりゅうくんの
建て上げを支える世代なんだな
ということを改めて感じました

私の年齢自体は正直言えば
上の世代であると言えます

10年を一世代という考えもあり
りゅうくんとは2世代違います

しかし 最近自分の思いや
真剣に祈りたいと思う事柄
それに 人との繋がりを考えると
私は自分の年代の前後ではなく
親の世代やりゅうくんの世代に
召されていると感じます

年齢は関係ないし
自分が召されていることに
しっかり向き合い そこから
目を背けようとする力を
祈りで避けていくことの方が
大切だよな と思いました

すると神様がQTを通して
次のようなことを
示してくださいました

あなたの戦いを戦いなさい
今 何が起きているかは
りゅうの書く物語で見せている

りゅうくんが書いている
物語で 私たちは
過去は栄えたけど人々が
捨てた森からスタートしました

そこは神様から守られており
神様の命で鈴を鳴らすと
世から見捨てられたような
こどもたちが集まりました

そして 私たちは
神様とこどもたちと一緒に
偶像を打ち砕く旅に出ます

それは 私にとって
とてつもなくわくわくして
喜びに溢れた出来事です

私たちの結婚に際して
2人の預言者さんから
先祖代々続く呪いを
打ち砕くための結婚だと
示されましたが その通りの
出来事が物語に記されています

今日は 物語に登場する
場所や人物の中で
気にも止めていなかったものが
具体的に解き明かされました

私が価値に気付かないようなものに
りゅうくんは 価値を見いだし
りゅうくんが価値に気付かないものに
私が価値を見いだしていきます

それぞれに示されるものや
示される方法は違います
学びながら得ていくものと
学びながら捨てていくものが
私とりゅうくんとで
交差しているようにも感じます

私の中での一番大きなことは
兎に角 私が今まで生きてきた
世界とは真逆と言って良いほど
価値観が違う ということであり

私は間違えなく そこの住人として
創り替えられているということ

そして それを私自身が
掴んでいくことが
周りへの影響となります

しかしりゅうくんはそうではない
何もないところに最初から
その価値観で建て上げられているけど
それが当たり前 当然であり
それを求められないなら
その者に問題ありとする世代です

問題に目を向けるのではなく
変わるべき方向に目を
向けなさいと言うのが
少し前までの私の仕事でしたが
今ではりゅうくんが私を
引っ張ってくれています

どちらの役割も感覚も
全て必要なものであり
必要は全て神様が既に
必要な場所へと配置しています

一人ひとりが自分の役目を
こなすことで神様のみこころは
地に現れていきます

人がやることは虚しく
それが積み上がることが
許されないなら むしろ
守られている証拠です

私たちの常識や私たちの努力ではなく
ただ 神様の物語が紡がれていく
そういう世代であると感じます

神様だけが 私たちの希望で
あることに感謝します❤️

Pocket
LINEで送る