「自己評価」という重荷を手放す

Pocket
LINEで送る

昨日の日記を書いた直後に
物凄い高揚感と共に
もっと神様が私のことを
どのように愛してくださっているのか

私がどのような者だと
仰ってくださっているのかを
もっともっと深く受け入れよう!

そしてもっともっと神様に甘えよう!
という思いが与えられました

昨日の日記の最後に書いた通り
神様のテスト云々以前に
神様の愛や 神様が私にご覧になっている
人物像(アイデンティティ)を
きちんと受け取れていないがために
テストすらして貰えないようなことが
たくさんあります

神様は喜んで褒めてくださっているのに
自分では全然ダメだと思ってしまい
神様の声を素直に受け取れない時などです

そのようにして神様の声を
自分自身で地に落としてしまえば
そこにある神様のご計画が
全く前に進まなくなります

頭ではそのことがわかっていても
感情の問題は自分自身の思いで
どうこう出来るものではなく
神様に求めていたのですが

昨日の日記が何かの鍵になったようで
神様が 喜びと思いを与えてくださいました

その時に感じた思いは
自分がやることに対する評価を
自分で勝手にするのを止めて
神様に委ねよう!という思いでした

その思いを掴み もっともっと神様に
甘えます!と宣言をすると
とっても荷が下りる思いがしました

自己評価を自分ですることが
物凄い重荷だったのだと気付きました

それを手放せたことは 本当に感謝です

そして今日 自分自身が最近最も
問題だと思っていたことに対して
神様の介入を切に祈りました

今までも祈ってはいたのですが
祈れど祈れど全く手ごたえが
感じられずにいたことでした

しかし今日は 深いところに
イエスさまが介入してくださる感覚が
はっきりとわかり その部分について
自分自身をしっかりと神様に
明け渡して委ねることが出来た
という実感がありました

そこには深い平安があり
ここに留まり続ければいいのだという
確信が与えられました

甘えます!という思いが与えられたものの
甘えるというのはどういうことだろう?
と 思っていたのですが

この感覚の延長線上に
それはあるのだと確信が持てました

神様に頼り 甘えるために
今一番重要なことは祈る時間だと感じます

しかしそれは 自分の思いで祈るのではなく
神様と共に戦略的に祈ることです

神様との時間は何にも代え難い
本当に蜜のような時間です

この様な思いを与えられたことに
本当に 心から感謝をします❤

Pocket
LINEで送る