イエスさまだけが御心を示された

Pocket
LINEで送る

今朝 QTをしていると神様より
ここ最近示されていることの
総括のようなことを示されました

何故人の感想が聖書を読む
覆いとなってしまっていたのか

それは 人の体験と教えを
混ぜることの背後に
人の思いがあるためだと
示されました

教えの背景にある神様の御心を
イエスさまは教えてくださいました

対してパリサイ人たちは
教えを用いて自分達の利益としました

もし 教えを通して自分の思いを
満たそうとするなら それは
パリサイ人たちと同じです

聖書を教える人が もし
イエスさまの心ではなく
自分の思いを教えるのであれば
その思いがフィルタとなり
聖書を正しく理解出来なくなる

要するに 人が邪魔して
神様の御心を知ることが
出来なくなるということです

しかし神様は 聖書のこの箇所を
引用して御心を示してくださいました

マタイの福音書17章24-27節
また、彼らがカペナウムに来たとき、
宮の納入金を集める人たちが、
ペテロのところに来て言った。
「あなたがたの先生は、宮の
納入金を納めないのですか。」

彼は「納めます。」と言って、
家にはいると、先にイエスのほうから
こう言い出された。
「シモン。どう思いますか。
世の王たちはだれから税や貢を
取り立てますか。
自分の子どもたちからですか、
それともほかの人たちからですか。」

ペテロが「ほかの人たちからです。」
と言うと、イエスは言われた。
「では、子どもたちには
その義務がないのです。

しかし、彼らにつまずきを与えないために、
湖に行って釣りをして、
最初に釣れた魚を取りなさい。
その口をあけるとスタテル一枚が
見つかるから、それを取って、わたしと
あなたとの分として納めなさい。」

実は旧約聖書を読んでいると
10分の1を納めるときに
このような記述があります

申命記14章24-26節
もし、道のりがあまりに遠すぎ、
持って行くことができないなら、
もし、あなたの神、主が御名を置くために
選ぶ場所が遠く離れているなら、
あなたの神、主があなたを祝福される場合、
あなたはそれを金に換え、
その金を手に結びつけ、あなたの神、
主の選ぶ場所に行きなさい。

あなたは、そこでその金をすべて
あなたの望むもの、牛、羊、ぶどう酒、
強い酒、また何であれ、あなたの
願うものに換えなさい。
あなたの神、主の前で食べ、
あなたの家族とともに喜びなさい。

申命記を読んでいてあれ?と思ったのが
ここだったのですが 要するに神様は
10分の1を神様と共に喜ぶために
使いなさいと言っているのです

ちなみに 宮に遣えるレビ人や
やもめやみなしごのためには
3年に1度 一年分の10分の1を
施すようにということと

日々の畑の収穫を全て集めきらず
少し残しておき 貧しい人たちが
拾って食べられるようにしなさいと
書かれています

ここは今の世では難しいことですが
聖書の時代は人の畑に入って
満足するまで食べてもいいことに
なっていたので 貧しい人が
飢えることはなかったのです

その部分を何らかの形で
補う必要はあると思いますが
話が別なので話題を戻します

農作業については10分の1を
このように持ってきて
「神の定めた場所で楽しみなさい」と
書いてあります
家ではなく 神の定めた場所で
楽しむことがポイントです

また牛や羊などについては
初子は必ず持ってきて食べなさいと
書いてあり もし初子に
傷がついていたら それについては
神が定めた場所ではないところで
それは誰が食べても良いが
必ず食べるようにと書いてあります

10分の1と初子は 神の前に食べて楽しめ

というのが神様の教えであり
神殿に遣える人の食事は
罪のため 和解のための供え物と
3年に1度の10分の1なのです

また3年に1度の10分の1は
遣える人だけではなく
貧しい人のためでもあるのです

だからパリサイ人たちは
やもめたちを食い付くした
と書かれているのだとわかります

きっと彼等は宮の納入金で
やもめたちを養うどころか
やもめたちからも納入金を
取ったのでしょうから

話を戻すと

実は 以前身体を壊して
生活が苦しかった時
教会に行く交通費もない中で
なんとか10分の1を納めようと
食事も質素にして我慢しようと
していた時期がありました

しかしその時に神様が
教会に来なくていい
今ここで食事をしなさいと
レストランに導かれたことが
あったのです

当時の私は 10分の1を納められるように
なりたいという思いがとても
強くあったので 砕かれたような
気持ちになりました

しかし 砕かれたことにより
こうしなければいけないという
思いを捨てて 教会に行くにしろ
献金をするにしろ 自分で決めずに
神様に従うことにしました

当時は その体験によって
神様は ルールを守ることよりも
御声に従うことを喜ばれると
いうことを学んだのですが

しかし この体験により
教会の教えとずれることに
孤独感を感じてしまいました

他にも 神様の声に
聞き従うことで教会との
距離があくような思いが
何度もありましたが

しかし 事前に預言者さんから
あなたたちへの霊的攻撃は
この教会から切り離すことと
示されていたので 絶対に
そうならないようにと祈りました

結果 その孤独感は神様が
たくさんの愛と御恵みにより
杞憂であるとわからせてくださいましたが

孤独感がなくなり
心の傷が癒された今 やっと
神様はご自身の御心を
聖書から学べるように
導いてくださったのです

恵みを喜ぶにしても
神様の御心を求めてほしい

それが 今神様から強く強く
示されていることで

神様を愛するものは
神様の教えも愛する

神様の教えに反発したり
反発されるんじゃないかと
心配することは
神様を信用していないからだ
という神様の解き明かしを
深く心に刻み 自分の在り方を
より神様に向けていきたいと思います

Pocket
LINEで送る