余計な覆い

Pocket
LINEで送る

サムエル記を一気に読み終え
列王記に入ったのですが

今までと本当に全く違う感覚で
聖書を読むことが出来ています

平たく言うと 他の本を
読む時のように読めているのですが
その理由は霊的な邪魔が
ないからだと感じました

読むのを邪魔するものが
ない状態で読んでいて
一番大きく感じたことは

今までの聖書理解には
人のフィルタがかなり
入っていたなぁということです

人の理解というか
人の感想という方が
適しているでしょうか

人が言っていた感想が
フィルタになって
そのように感じていたことが
読んでみて全然違うじゃないと
思うところが何ヵ所もあったのです

それは申命記のあたりから
結構感じていたので
申命記についてはもう一度
きちんと読み込もうと思って
平行して読んでいますが

読めば読むほど
人の感想がほんとうに
偏ったものだと確信し
それを捨て去ることが出来ました

それと反比例する形で
神様の御心はどこにあるのか
という 神様の本心を知りたいという
飢え乾きが与えられるようになりました

実は今まで 神様とは
こういうご性質の方だから
こういうことは起きて当然で
こういうことは起きるはずがない

みたいな思いがなんとなく
存在していてのですが
その原因が人の感想だったと
気が付いたのです

生ける神様と付き合うのに
そういうのは違うよなぁ
と 感じました

また その様に余計なフィルタが
取れてくるにつれて
これは本当に異文化の
歴史なんだなぁとしみじみ
感じるようになりました

中近東 イスラエルの文化を
知らずに読んでも
わからないところも
多いな と感じましたが

今まで読んでいて
モノクロに感じていた
登場人物や情景が
とても色鮮やかに
感じるようにもなりました

こうやって 少しずつ
時に応じて心の覆いを
取り去っていただけることも
嬉しいなぁと思います

神様のことは勿論ですが
もっと聖書が身近に感じれるように
なるといいなぁと思います

Pocket
LINEで送る