人を見て焦らず神を待ち望む

Pocket
LINEで送る

最近起きていた出来事の
原因はこれなんじゃないかなぁと
思っていたことがあったのですが

それをそのまま夢で見せられました

とは言え 私の信仰は原因を超えて
神様の解決があるというものなので
神様にどうすればいいかと叫んでいました

イエスさまは様々な苦難を通られました
特に人からの迫害を指して
そして師がこのような苦難を通るなら
弟子も同じような道を通ると仰った

忘れないでほしいのですが
イエスさまを迫害した最初の人たちは
決して自分を神にするような人々ではなく
自分自身こそ神を良く知り
神を愛し 自分こそは神に忠実だと
思っていた人たちでした

それが本心かどうかは知りませんが
少なくともそのように公言して
憚らない人たちでした

しかし実際は 神様よりも
自分たちで作った決まり事を優先し
生ける神であったイエスさまを
亡き者としたのです

今丁度 サムエル記を読み始め
サウルが犯した取り返しのつかない
罪について改めて思いました

サムエルが到着するのを待ちなさいと
言われていたにも拘らず
今にも攻めて雇用と集結する敵や
待ちくたびれて帰り始めた人を見て
慌てて自分で祭司がやる儀式を
やってしまったのです

人を見て慌てて罪を犯さないように
気を付けなければいけません

どんな状況であっても神様を
待ち望める強さを頂けるよう
祈りたいと思います

Pocket
LINEで送る