神の勝利から逃げない

Pocket
LINEで送る

祝福とは何か と考えた時
神様の喜びを共に喜びあう
ということが思い起こされます

私たちが喜び楽しんでいる時に
もし神様が一緒に喜び楽しんで
くださっていなければ
その喜びや楽しみは虚しいです

また とても喜べないような
出来事の中でも喜びなさいと
聖書には書いてありますが

とても喜べないような時でも
神様が共にいてくださることは
それだけで喜ぶに値します

これは勿論 気持ちの問題もあります
ストレスは心身を蝕みますが
神様がいてくださることで
自分自身を蝕むようなストレスから
解放されるのは素晴らしいです

しかし それだけではなく
神様がこの件を通して
栄光を現してくださるという
期待と信仰の上に
神様は実際にそのみちからを
現してくださるのです

敵はその祝福を盗みたいわけですが
盗むといっても物理的に
取られるということではありません

彼等は喜びを奪いたいのです

彼等は私たちががっかりしたり
落ち込んだり不信仰に陥るのを見て
喜び踊ります

敵に喜びを盗まれるというのは
そういうことなのです

ところが 私たちが
がっかりするような状況や
落ち込むような状況
神様が信じられなくなるような
状況にありながらも

神様に期待して賛美をし
神様の喜びを自分の喜びとし
神様だけを信じ抜くと決意するとき

敵は落胆し 舌打ちをします

それが「勝利」なのです

そして神様の栄光が形となり
地に流れだし始めるのです

敵の嘘に同意をすれば
敵に力を与えて
敵を喜ばせることになり
破壊が人生に流れ込んで来ます

しかし神様の喜びに同意をすれば
神様の創造の力が人生に
流れ込んで来るのです

今日 ひとつ感じたことがあります
それは 新しいことを始めるとき
何故いつも敵が攻撃をしてくるのか
ということです

地境が広がるときにも
同じようなことが起きますが

新しい素晴らしいことが
動き出す時に それに対して
ネガティブな感情を抱くなら
それが毒となり素晴らしいことに
ブレーキをかけることになります

敵は そのようにして
素晴らしいことが形に
ならないように攻撃を
してくるのだなぁと思いました

以前書きましたが
煩わしいことが続く牧師が
神様 いつまでですか!と叫ぶと
あなたが煩わしいと感じなくなるまで
と 仰ったことが思い起こされます

敵の嘘に対して またお前かと
敵に背を向けて 神様の方を向き
神様の平安に留まり憩うときに
敵は 敗北するのです

人や状況を変えようとしても
それは全く意味がないのです
自分が変わらなければ
いけない事柄であるなら
何度でもそれは起きるからです

神の勝利に預かる鍵は
私たちが選択するものに
かかっています

いつでも 神様を選びます

Pocket
LINEで送る