どんなものにも愛を選ぶ

Pocket
LINEで送る

今日 というか昨夜ですが
そろそろ寿命かなぁと思いつつ
騙し騙し使っていたものが
壊れてしまい 凹んでいました

物には寿命がありますから
いつかは買い換えが必要になります

また 今までは必要がないと
思っていたけど
状況が変わり必要になり
買うことになるものもあります

ここに引っ越してすぐに買った
こたつなどが良い例ですが
予定していなかったのに
そこそこ大きな出費となるため

いつ どのタイミングで
どういった方向性の物を
買うか というのは
悩めるところであるわけです

ともあれ

今月から来月にかけて
買い換えるつもりだったものや
買い足すつもりだったものが
いくつかあるわけですが

突如 そこにもうひとつ
急遽買うべきものが増えてしまい
どれをどのタイミングで買うか
どの程度のものを買うかを
決めなければならなくなりました

どうしようーと思っていると
神様が とてもシンプルな
考え方を教えてくださいました

それは 機能や性能ではなく
愛を感じるかどうかで選ぶ
というものでした

それで思い出したのですが
神様は 愛のことを非効率なものだと
語りかけてくださったことがあります

多くの動物は産まれるときに
一人で動ける状態で出てきますが
人は未熟で 大人の助けなくして
生きることは出来ない状態で産まれます

そしてそれは どんなに
世の中が変わろうとも
物が豊かになろうとも
変わることがありません

効率や機能を愛するようになると
手間隙をかけて愛を注ぐこととは
反対の方向へということになる

それを 神様は避けて
愛を選びなさい そうすれば
間違えることはないからと
教えてくださったのです

それを示されて よくよく考えると
欲に訴えるものには中毒性があり
そこには変な打算も入ってきがちで

背後に何か変なものが
いるんだなぁと感じたので

自分の趣向の中に そういう
類のものを選ぶ傾向がある領域は
かなり注意しないとなと思いました

永遠に続くものだけを選ぶ
それは物に対しても一緒です

何故なら全ての物は
人の手を介して作られる

だとしたら その人が
どのような思いをその物に
込めたかというものや
その人の霊的背景も全て
物には宿っているわけです

間違えた霊的背景を選べば
混乱を招きます

神様の平安の中で 神様と共に
良いものだけを選ぶことは
家を守るためにもとても
大切なことであると思います

Pocket
LINEで送る