良いものを選べるように祈る

Pocket
LINEで送る

神様を知ることというのは
良い選択肢が与えられること
実りある可能性を与えられる
ことなんだな とふと思いました

もし 自己満足を求めて生きるなら
思い通りにいかないことや
自分の満足を損ねる事柄に
不満を感じてばかりいる
人生になることでしょう

ですが 神様の目に高く見て頂けて
それにより 自己満足を遥かに
超えた満たしを注がれることを知れば

自分自身が満足することより
神様の目に高く見て頂けることを
選ぶという選択肢が増えるのです

しかし 選択肢が2つあれば
より良い方を選ぶのは当然だ
とは言い切れません

良い方を選ぶには
平安に留まる必要があります

また 一度確信を持ったことでも
自分が弱くなる時に
不安を感じることもあります

今日のQT箇所は
そんなシーンを描くものでした

バプテスマのヨハネは
荒野に居たときは
イエスさまをその人だと認めたのに
投獄されると 弟子を遣わし
あなたがその人なのですかと
尋ねています

誰に言われることなく
確信を持って人々に宣言したのに
自分が弱くなった時
確証を求めたのです

その確信により得る平安というのは

イエスさまが ご自身の打ち傷
ご自身の身に起きることを
ご覧になり満足した
という預言書にあるような
神様の約束に対する平安なのだと
QTを通して教えてくださいました

ヨハネは 荒野で
これから自分は小さくなる
この方が大きくならなければいけない
とも語っていました

その預言が今間違えなく
成就しているのだと確信を得て
ヨハネは安心したのです

今日は イスラエルにとって
特別な日であるそうです

ティシュ・ベアブ(Tisha B’Av)
アブ(Av)の月の9日目という
意味ですが イスラエルで
一番悲しい日なのだそうです

第一神殿が崩壊したのも
第二神殿が崩壊したのも
また ローマに敗北したのも
十字軍による侵略も
イギリスやスペインから
国外追放をされたのも
ホロコーストが始まったのも
全て この日なのだそうです

その起源は 民数記14章にある
約束の地を目前にした人々が
神様のあがないに不平不満を言い
約束の地を悪く言ったことに
始まっているのだそうです

長いので全ては引用しませんが
この中で神様はこのように仰られました

民数記14章11節
主はモーセに仰せられた。
「この民はいつまでわたしを侮るのか。
わたしがこの民の間で行なった
すべてのしるしにもかかわらず、
いつまでわたしを信じないのか。

神様は その大いなる御力と御恵み
そして愛と憐れみの心を持って
人々にたくさんのしるしを
見せてくださいます

神様がこのようにすると
仰られ 人がそれを信じたことは
全てが為されました

にも関わらず 神様の約束を
信じない人に対して神様は
本当に 憤慨されたのです

この後 神様は信じる人だけ残し
信じなかったものは皆殺しにすると
宣言されますが モーセが
必死にとりなし その御怒りは
神様を信じなかった上に
その事を言い触らして人々に
悪い影響を与えたものに
下されました

その日が アブの月9日だったのです

神様は ご自身を信じて
ご自身だけに頼る人を助けます

ですが
わたしはあなたを助けると
神様が言ってくださっているのに
それを信じずに嘆く人や

神様以外の神や占いや
人の力 お金の力 兵力など
神様以外を頼る人に対して
神様は 御怒りを持って報復されます

それほどまでに私たちを
愛しておられるのです

神様が 私たちを創られました
人を良いもので満たそうと
様々な御恵みを注ぎ
心をご覧になり 私たちの
思いを遥かに超えた良いもので
私たちを満たそうとしてくださいます

それなのに 人を傷付け
滅びに至るものへと傾倒すれば
愛ある方であるからこそ
その御怒りも大きくなるのです

ご自身のことを 妬む神だと
神様は仰いました

自分達が 悪いものに気を取られ
神様の御恵みから目を反らして
しまわないようにすることは勿論

イスラエルの人々が
約束の御恵みをきちんと
掴むことが出来るように

恐れや弱さに負けてしまわず
神様の約束を掴むことが
出来るように祈ります

Pocket
LINEで送る