意識を引き上げてくださる神

Pocket
LINEで送る

福音書の中に 弟子たちを
街へと派遣するシーンがあります

行って 癒し悪霊を追い出し
福音を伝えるようにと仰り
お金は受け取ってはいけません
と言いました

また お金も持たず下着も
2枚は持っていかずに
街で相応しい家を見つけて
その街にいる間はずっと
1ヶ所に滞在しなさいと仰り

働き手が食事を得るのは
当然のことだからと仰いました

日本と文化が違うのだろうと
思うのですが 私は最初これが
全くわかりませんでした

お金を貰うのはダメで
衣食住を受けるのは良い

その線引きが全く
わからなかったのです

そもそもでイスラエルでは
飢えた人が他人の畑に入り
作物を食べていいことになっています
(持ち帰り売ることはダメですが)

また 人を家に招いて食事をする
ということは 物凄く
特別なことであると言います

その辺の感覚が全く違うので
理解が出来ないのです

いつかご存知の方に
教えを請いたいところですが

ともあれ
私は以前 フリーランスで
仕事をしていたこともあるため
「会社で働いて得てる収入」と
「グッズ販売で得る収入」を
どう考えればいいか
よくわかりませんでした

以前の私にとって
出向した先での収入も
家で何かを作って得た収入も
同じだったから なのですが
今回は間違えなく明らかに違います

利益を出さないと続けられないので
利益が出ることは大切ですが
それをどう受け止めればいいのか
よくわからなかったのです

結論から言えば

初動のお金は上限設定しつつ
持ち出しで行い
利益が出始めたらそれを
次の生産のために投資し
持ち出しの割合を減らしていき
最終的には利益だけで
回るようにすることを目指す

ということだったのですが

そこに落ち着くまでは
趣味レベルで考えていたので
全てを自分の範囲で考えようとして
混乱していたことに気付きました

ですが 趣味レベルで
考えるのを止めて

自分の生計とは別の活動として
理解した途端に神様が
次のステップへと
進ませてくださいました

その時に 冒頭の聖句だなーと
感じたのでした

感覚的な話ですが

自分の思いを超えたことを
理解するのは難しいです

しかし 宝を隠すことを神様は
楽しんでいらっしゃるようなので
私も宝を見付けることを
喜びたいと思います♪

Pocket
LINEで送る