召しとお仕事

Pocket
LINEで送る

手の技を祝福する と言って貰ったものの
それが一体どういうことなのか
というところが自分の中で
いまいち落とし込めていませんでした

というのも 今までは
作りたいという思いが与えられ
祈りにより これを作るので
いいという確証が与えられ
作るからにはこれを手にする人が
神様に触れられますようにと祈る

という感じで 目的もなにもなく
私の思いも関係なく
示されたものを短期的に
集中して祈って作っていたのです

私は 自分ではモノ作りに
向いているとは思いませんでした
何故なら とても飽きっぽいからです

以前先輩デザイナーが
言っていたのですが
デザイナーは飽きっぽい方がいい
成功をしてもそれに執着せず
新しいものを作ろうとするから

という言葉を励みにしたいほどに
とにかく飽きっぽい上に
誉められるとそれに
執着してしまうのが嫌で
原画を切ってしまうことも
あったほどでした

クリスチャンになってからも
何かを作っても積みあがらず
壊されてしまうこともあり

自分の手の技が召し という
実感は全くありませんでした

ですがもし 私の作るものが
積み上がっていくようになるなら
それは奇跡であり 私によらず
神様によるものだと言い切れます

対して 料理やお菓子などの
作ったらすぐになくなるものは
神様と楽しく作ることが出来ました

しかしそれで商売をするという
感覚は全くありません

一度だけ 人に言われて
真剣にビジネスとして考えて
動いてみようと思い
色々調べて動いたことがありますが
すぐに道を閉ざされてしまいました

しかし神様は りゅうくんを通して
私と一緒にお菓子を作りたいと
示してくださったり
具体的にこんなものを
作りなさいというビジョンや
思いを与えてくださいます

作るのはいいけどこれ
どうするんだろう?と
思いながら 作っては
周りの人に配っており

それは預言的行動と感じますが
しかし多くの人が まるで
売り物のようだとか
売ればいいのにと
今でも変わらず言われます

意味はあるのでしょうが
まだその時ではないと感じますが
私の作る料理やお菓子
また私が人を食事に招くことは
人を力付けるものだということは
なんとなく感じています

絵についても カードを
作ってはみたものの
どうしたものかと思っていると

ベテルのユースの人を通して
これはお金を出して買う価値が
あるものだとわかっている?と
後押ししてもらったのですが

自分自身のモチベーションと
販路の部分でどうも
自分の中にしっくり来ないものが
ありました

それで そもそもこれらのことは
何を目的にしていることなのか
という部分から考えてみることにしました

が 考えてみると

神様がやりなさい 或いは
やっていいよ というから
やっているだけであり
それ以上も以下もないのです

しかしでは 神様が
許可をくださる前は
どうだったでしょう

婚約式や結婚式の時に
作ったクッキーやチャームは
記念になるものを と
思ったことがきっかけでしたが
人からの要望を受けた部分も
多くありました

編み物はどうでしょう

きっかけは 神様が私のことを
編み物を編むように創られた
という預言の言葉でした

神様の愛を知りたいと思い
編みぐるみを作ろうとしたところ
全然上手く編み進められず

挫折しかけていた時に 神様から
帽子を作る機会を頂き
その体験により編みぐるみを
作れるようになりました

それは愛を伝える手段として
とても良いもののように感じたので
たくさんの必要とする人に
届けたいと思いましたが

神様は 私たちを文章を書く方へ
広告の方へ 絵を描く方へと導かれ
私たちにある召しは
文章を書くことと絵を描くことだと
はっきりと示されました

それとは別格で
神様の祝宴のお手伝いという
召しもあるにはあるようですが

「今の季節にやるべき神様の仕事」は
文章と絵であるようです

それぞれにおいて神様が
どんなことをされているかを
考えるとなんとなくわかります

文章や絵には 神様からの
霊的打ち破りが注がれています

そう考えてみると 今の日本において
ただ純粋な愛を伝えることが
神様を知らせる手段としては
適していないのかもしれない
という体験が編み物にはありました

神様の愛に抵抗している人や
人が愛されることに嫉妬する人に
編み物を悪く言われることが
結構あったのです

ですが 絵や文章については
わからない人にはわからないので
そういった摩擦は生まれません

食べ物についてはどうなのでしょうか

弱っている人を力付けたり
神様の祝宴により労ったり
確かに神様の仕事をしていますが

商売をするというよりは
働き手を養うという感じです

働いているものが食事をするのは
当然だからです という聖句の
食事を作る側にいるような感覚です

またこの賜物は 神様が与えたい人が
既に選ばれている気がしており
商売=お金を出せば買えると思う人に
提供して良いものか?と考えると
大変微妙なのです

このことについては
食事だけでもなく

絵にしろ編み物にしろ
こちらがあげたいと思っても
あげることが出来ない人もいます

また あげるべきではないと
示される人もいますし
預言的にお金を頂くべきと
示されることもあります

その霊的な流れに対して
あれこれ思い悩むと
間違えた方向に行くので

要するに 私の思いとは
全く関係なく霊的な物事が
働いているようなのです

この事は 神様の御思いやご計画に
自分の決断や思いを寄せるための
訓練になっていると感じます

時には自分がやっていることが
りゅうくんが書いた物語の
この部分に似てるなぁ と
思うこともあります

とすると 次はこうなるはず
と思っていると 本当に
その通りになっています

考えてみて思いましたが

目的は人の目には高過ぎて
よくわからない

で良いのかもしれません

よくわからないけど
ひとつだけわかったのは
神様のご計画を自分の思いで
止めたり遅らせたりしないようにする
訓練の時なんだろうな ということです

今の季節にやるべきことを
しっかりやり遂げられますよう
祈りながら進みたいと思いました

Pocket
LINEで送る