神様の友と呼ばれる人

Pocket
LINEで送る

りゅうくんが 夢で面白いことを
示されたのですが

それは最近 神様から
示されていながらなかなか
形に出来なかったものを
思い起こさせてくれました

仮に神様の栄光の器として
用いられたとしても

奇跡があっても悪霊を追い出しても
神の国を第一としないものは
御国には入れないと
聖書には書いてあります

神様は 裏切り者のユダも
ユダに銀貨を渡した祭司たちも
イエスさまの下着をくじ引きした人も
用いることが出来ました

そこに現れるのは神様の栄光ですが
神様に用いられることは
御国に入ることを
保証していないのです

イエスさまの御名により
奇跡が起きること
癒しが起きること
悪霊が追い出されること
それは素晴らしいことではありますが
神様の栄光が現れることは
それを取りなす人には
一切関係がありません

神様の栄光を現すことも
勿論素晴らしいことなのですが
しかし 神の国とその義を
求めることの方が
ずーっとずーっと重要なのです

どんなに伝道をしても
親や上司や自分の上にいる権威を
尊敬せずに悪態をついたり
兄弟姉妹の悪口を言っているなら
その人は神の義に生きていません

でも奇跡は起きてるよ?
印や不思議は起きてるよ?
神様のためにこんなにしてるよ?
と 言うかもしれませんが
それはただ神様の栄光が
現れているだけであり
人には関係がないのです

人は行いにより
救われるのではありません

神様のためにこんなにやってます!
と 言いながら 神の国とその義を
蔑ろにしている人というのは
ダビデに取り入ろうとして
サウルを殺した人のようです

報いを求めてそれをしましたが
ダビデの心を知らなかったために
ダビデに殺されてしまいます

神様の心は 兄弟姉妹が
互いに愛し合うことです

どんな酷い上司であっても
どんな親であっても
神様が置かれた権威を
敬うことが神様の御心です

悪いことをされても
仕返しをせずに赦すことが
神様の御心なのです

神の国を求め義に生きるというのは
敵を愛し 敵のために祈ることです

それにより 悪いことをするものの
頭に炭火を積むことになると
神様は仰いました

裁きはわたしのものだと
神様は仰っています

悪者の悪口を言うな
それを見て神様が心を痛め
戒めの手を緩められるかもしれない

そのように 聖書には
書かれているのです

ましてや 神様の愛する息子娘の
悪口を言うなら神様は
どれ程に心を痛められるでしょう

神様は公平です
悪いことをしている人のことは
心配しなくても神様は
きちんと戒めてくださいます

モーセを悪く言う人は
神様の怒りの炎で焼かれましたが

しかしその人たちのために
モーセはひれ伏し とりなしをしました
自分を悪く言う人のためにです

それが 神様が友と呼ぶ人の姿なのです

Pocket
LINEで送る