神様による水やり

Pocket
LINEで送る

日曜日に実家にすのこベッドを
取りに行こうと思っていましたが

急に暑くなり 母がバテてしまい
迎えに行けないから電車で
来てくれと連絡がありました

電車で行ったって 結局
うちまで車で運ぶのですから
(実家→家は私が運転しても)
片道は運転することになります

バテて運転出来る自信がないと
言いつつ 電車で来てくれと
言われても というのもありますし
電車で行くと(市内なのに)
片道700円もかかります

ガソリンを入れるにしたって
車を借りて行く方がいいだろう
ということで 会社の車を
借りて行くことにしました

土曜日は15時まで仕事なので
借りたその足でりゅうくんを拾い
実家に向かいました

行く途中 空には
雲が切れて日が射し込み
天使の架け橋が出来ていました

行って食事をして
荷物を積んで帰路に着く頃も
また天使の架け橋が出来ていて
今日は凄いねぇ と話していました

その時神様が 帰り道にある
素材にこだわった美味しいパン屋に
寄ることを薦めてくれました

一瞬 またりゅうくんが
寝る時間が減って不機嫌に
なるんじゃないかと思いましたが

神様は 見せたいもの(空)が
あるから と仰るので
時間調整のためだなと思いました

りゅうくんにも神様が
寄るように示されたようで
若干不機嫌そうではありましたが
寄ることにしました

パン屋に行ってみると
丁度 閉店間際で
500円のセットに店員さんが
200円引きのシールを貼っていました

神様に感謝をして
今まで買ったことのない
種類のパンを買いました

外に出てみると 先程より
強い光が雲の切れ目から
まるで滝のように射していました

神様はこれを見せたかったのね
と感謝をして車に乗り込むと
道の正面は暗い雲が覆っていて
雷が光りました

雷は 神様が日本の偶像を
打たれる時に印として
見せてくださると信じているので

架け橋だけではなく 雷も
神様が見せたかったもので
今日は何か素晴らしい聖めが
起きているんだな と思い
私もりゅうくんも期待して
喜んで神様を賛美しました

家に帰るとりゅうくんは
出勤まで時間がないので
すのこベッドだけしいて
すぐに寝ました

2時間弱しか時間がなく
ぎりぎりまで寝て欲しかったので
私はその間 お弁当や
持っていく飲み物の用意をしました

台所の片付けなども
ついでにやっていたので
用意が終わるぐらいにはもう
起きる時間になってしまいました

ですが2時間ぐらいでも
良く眠れたようでしたし
準備が全て終わっているので
不機嫌になる要素もなく
感謝して家を出ていってくれました

豪雨と雷の注意報が
出ていましたが それも結局
降ることはありませんでした

今日は本当に
平安に守られていました

今まで実家に行く度にりゅうくんは
不機嫌になっていましたが
今日は全く平安なのです

それは本当に素晴らしいことで
神様に感謝をしました

しばらくしてりゅうくんから
北の方で降っていた雨の
場所の詳細がメッセージで
送られてきました

それは ちょっと前に
私が物凄く憤慨することを
言った人が住む場所でした

神様の方法でどうか
救ってくださいと祈っていましたが
そうか 聖めがあったんだ と
本当に感謝をしました

急に何かが変わるわけでは
ないかもしれませんが
間違えなく確実に変わっています

今は種蒔きの時 ですから
いつか刈り取る日が来るのです

神様がこの地を選び
希望の光で照らして
新しいことをしてくださることに
本当に感謝します❤️

Pocket
LINEで送る