戦わずして勝つ戦い

Pocket
LINEで送る

ここ数日 会社で大きな
動きがありましたが

会社だけではなく私たちの
神様からの召しについても
大きな変化の真っ最中です

変化が苦手なりゅうくんは
ここ数日 完全に敵にやられて
過去の悪い習慣にまた
引き戻されてしまっていました

神様の仕事面で新しい動きがある時は
いつものことなので あまり気にせず
自分で脱せるように頑張りなさい と
放っておいたのですが

神様から示されて 言うべきことと
やって良いことと悪いことの分別を
きちんと神様に確認するようにだけ
釘を刺しました

誘惑を断ち切るためには
私がどんなにサポートしたところで
自分で敵に向かって
出ていけと言わないとダメなんだよ

誘惑を恋慕っているなら
敵を自分からは追い出せないよ

と 伝えたところで
りゅうくんは寝てしまったのですが

明け方に 敵に向かって
出ていけ!と宣言していたので
聖霊様に感謝をしました

そして翌日である今日は
ある意味では霊的に大変
穏やかな日を送ることが出来ました

ある意味では というのは正確に言うと
個人的には と言うべきかもしれません

神様が 私が敵の誘惑に対して
どのように勝利したのかを
神様の目線で教えてくださいました

自分の主観で捉えていた時は
本当にこれでよかったのかと
悶々としていたのですが

神様が あの対処でよかったと
示してくださったのでほっとしました

同時に 神様を賛美したい気持ちが
溢れたので その事も嬉しく感じました

しかし敵の誘惑に乗っかってしまった人は
相応の報いを刈り取る日であったようで
答え合わせの日のだな と思いました

また QTでは 敵の誘惑というのは何も
わかりやすく悪の道に誘うことばかりではない
ということを示されました

本来の召しから引き離すために
一見良さそうに見える
実を結ばない事柄に束縛させることも
敵の誘惑です

例えば 本来は社会で働く中に
召しがあるにも関わらず
教会でフルタイム奉仕をすることを
神様のためになることだと思ってやるなら
敵の誘惑に負けている状態だと言えます

神様は 本当に尊いことは
飛び付いてさらっと為し遂げることが
出来るような簡単なものではない
と仰っていました

それはどういうことだろう
と 思い巡らせていると
お菓子作りの中で 神様が
わざわざ失敗体験を通るように
道を用意されたことを示されました

他にも 自分はきちんと出来る
きちんとやってきた と思っていたようなことを
神様により 失敗へと導かれたことがあります

その経験の中で苦味を味わうという過程が
とても重要なのだと感じますが
正にそれなのだと思います

ちなみに今日は 印刷を頼んでいた
みことばポストカードが出来上がって来たので
これに対する霊的邪魔なんだろうな と
思いましたが

よくよく考えると以前だったら
もっと 本当にやる気が失せるほどの
霊的な攻撃がありましたが
今や またかと思うことすらなく
素晴らしいことの予兆と思えるようになりました

りゅうくんにとっても霊的戦いですが
私にとっても戦いであることには変わり有りません

ですが この戦いは戦わずして
勝つのが正解なのです

私たちの弱さをそのように
神様が強めてくださっていることに
本当に 心から感謝します

Pocket
LINEで送る