非常識な変化

Pocket
LINEで送る

先週の木曜日の夜に
物凄い短時間集中豪雨があり
あー 何か霊的な大掃除が
行われているなぁと感じましたが

翌日金曜日 会社に行ってみると
非常識な事態が発生していました

facebookには昨日UPしたのですが
社長が 今日の今日で月曜日掲載の
フルカラー広告を営業して
見事受注してしまったというのです

週末はお休みですから 当然ながら
当日に入稿しないと間に合いません

私としては フルカラーの広告は
大変楽しいので やったー♪
ぐらいに思っていましたが

その様に思えるのは 自分の
制作速度がかなり早いからであり

よくよく考えたら フルカラーで
結構な面積がある制作が
当日中と言われて降ってきたら
制作の人は泣くなぁと思いました

案の定 事務の人は
これだから制作の人に負荷がかかって
みんな辞めちゃってたのよ!と
憤慨していましたが(^_^;

個人的にはもっととんでもない
会社に居たこともあるので
このぐらいなら全然問題ありません

(終電がなくなるからと慌てて片付け
鞄を肩に掛けたら今から今日中に!
とか言われたこともありますからね)

とは言え 当日に突然営業電話が来て
急なんですけど今日締め切りなんです
と 言われたらお客様はどう思うでしょう

なんだこの会社 って思いますし
出してくれるなら誰でもいいんだな
と 思うでしょう

そういう お客様を大切にしない
営業は絶対に次に繋がりません

今回のクライアントは本当に
とっても良い人で 確認のために
残業しますから安心してください!
とか言っていましたが
こちらが申し訳なくなってしまいます

なので とても良い仕事でしたから
是非2週間後で取ってきてください
と 一応釘を刺しておきました

社長は実は 電話営業が苦手で
このような突発的な仕事を取るのに
物凄い苦手意識を持っていました

しかし昔と違い 顔を出して
大きな仕事を取ってくるという
古い営業スタイル自体が
受け入れられにくくなっており

顔を出しても詳細はメールで送るから
今後はメールでやり取りを と
言われることも多いようです

しかし 専門部署でもない限り
日々の業務に追われて
広告のことまで手が回らない
お客様も多くいらっしゃり
催促のお願いをしたりするのも
営業の仕事であるわけですが

今まで顔を合わせて手渡しで
仕事のやり取りをしていた人にとって
そういう変化についていけない
というのもわからないでもありません

それこそ 祈るしかないな
と思うような状況でしたので

今回の突然の動きは
非常識ながらも本当に
大きな一歩でした

その後も驚くような出来事は続いていて
今日は顧客側に大変大きな
思ってもみなかったような
関係性の変化が起こりました

神様が 新しいことを
ここで始めてくださったことを
本当に感謝したいと思います

反面 邪魔も多くあり
特に古いものが悪い流れを
持ち込もうとする気配がありますので

引き続き 祈り続けて
神様のなさろうとすることの
大きさを見て 一見悪いように
見えるような事柄にさえも
全てにおいて良かった!と
言える日々を期待したいと思います

Pocket
LINEで送る