古いやり方を手放して委ねる

Pocket
LINEで送る

半月か1ヶ月ほど前の話ですが
向こう3ヶ月ぐらいの金銭管理を
神様に決めてもらおう!という
思いが突然与えられました

それまでは その都度都度で
神様に尋ねつつ 必要は
全て買えて 不要なものは
一切買いませんようにと祈りましたが

長期計画というのは 神様から
示されていませんでした

というより 1~2ヶ月ほど前までは
計画するもなにもないほどに
不確定要素があまりにも多く
事故が起きませんように!と
祈るだけで精一杯だったのですが

先月から収入が安定して
ほぼ一定になったので
必死に祈る必要がなくなり
その代わりに 次のステップのために
やりくりを考える必要が出てきたのです

過去の私は 大きな必要があるなら
その分多く稼げば良い という
考えだったのですが

神様は今あるものを上手に
運用することを覚えるように
示されていると感じたので

冒頭のような 神様に運用の
方向性を決めてもらおう!
ということになったのです

実はその中で 一部のサービスや
副業的なものから離れるよう
示されました

しかし一部のサービスについては
これは神様からの御恵みだから
そのままでいいと示されました

その違いは背後の霊の違いで
あることは既に書きましたが
神様からの御恵みだからそのままで
と 示されたものについては
きちんと印が伴っているので
疑うことなく従うことにしました

神様に方向性を決めてもらう方法として
どのようにしようかと神様に
祈り求めたところ なんと
くじ引き という方法を頂きました

先に書いておくと その方法は
私にとってあまりにも楽しすぎて
なんでもくじ引きにしようとしたら
もうやっちゃダメ と言われてしまい

いつでもどんな時でも
使える方法であるわけではなく
その時は 神様がくじ引きでと
示されたというだけで

祈りの中でくじ引きをしなさいと
示されない限りは
やらないようにお願いします(^_^;

ともかく そのようにして
向こう3ヶ月ほどの予定を
神様が示してくださったのですが

その中で 母を親戚の経営する
お店に連れていってあげたい
というものがありました

その親戚は 母と同い年の
母のいとこで 子どもの頃から
一番気心が知れた仲です

私も幼い頃から可愛がってもらい
お店にも顔を出していたのですが
はとこうちで顔を出すのは
お前だけだと言って喜んでくれます

りゅうくんも結婚してすぐに
連れていったのですが
絶対にまた行きたいと言っていました

お店の場所は神奈川なのですが
母は敗血症をしてから体力がなく
その上 股関節の手術もしたので

とてもじゃないけど電車で
遠出をするのは無理であるため
行くとしたら泊まり掛けで
車で行くしかありません

二人で高速バスを使って
ネットカフェ泊で行くなら
どうとでもなるのですが
母を連れていくとなると
きちんとした宿が必要です

それも3人分ともなると
今のうちの収入では絶対に
前準備が必要です

しかし 日々の必要の中で
例えば 湿気が酷くなる前に
布団干しにもなるすのこベッドが
欲しいであるとか

布団乾燥機や除湿器がないと
カビ生えるぞとか 様々な
買いたいものリストもあります

それをどういう順番で
どのタイミングで買えばいいのかなど
ちょっとでも間違えたら
事故を起こしかねないので

絶対に神様に決めてもらおう!
と思っていたのです

様々なことを決めたので
細かいことは割愛しますが

そのお店にいくタイミングは
9月と示されました

その時に 誘いたい兄弟姉妹が
いたのですが そのうちの一人には
何故か早めに相談をしたいと思ったので
神様に祈り 早めに連絡をしました

そして 話をしているうちに
気が付いたのですが

9月の私の誕生日は日曜日なので
土曜日にお店に行く計画だと
誕生日当日に母を
教会に連れていけるのです

但し 母がどうしても行かないと
頑なにならないことと
その為にも 移動などで
疲れてしまわないことが必須です

私がそうであったように
母も 相当霊的な喧騒の中で過ごし
宗教アレルギーを自称する程に
霊的な邪魔を背後に持つ人です

実家に一時滞在させてもらった時に
(父の遺品だった)偶像の置物や
霊的背景が混沌としている本の
ほとんどを捨てることが出来て
かなり良くなりましたが

この話を書いている今も
あー なんか攻撃してるのいるなと
わかるぐらいには攻撃をしてきます

私はその程度で済むのですが
りゅうくんが こういった攻撃に
本当に弱いのです

しかし 本人が自覚して
絶対に神様の方を見続けるという
強い思いを持ってもらう他ありません

とは言え夫婦というのは表裏一体
りゅうくんがこれ程に弱いからには
私にも何か問題があるはずで
私がそこから解放されれば
りゅうくんも解放されるはず

と 思っていたのですが

今日のQTの中で その正体を
教えてもらうことが出来ました

それは 自分の失敗により
計画が台無しにならないように

という思いです

少しでも余計なものを買ったり
買う順番やタイミングを間違えたら
計画がダメになってしまうのではないか

という 自分に対する不信感が
どうしても拭い去れず

その不安からつい古い方法である
副業に手を出そうとして
しまっていた 要するに
神様ではなく自分のやり方を
頼っていたことに気付いたのです

神様からの示しはとてもシンプルでした

あなたは自分に期待しなくて良いですよ
(=神様だけに期待すれば良いですよ)
その重荷はわたしに委ねて あなたは
自分がやるべきことをやりなさい

実は お金の使い方の優先順位の
2番目は みことばポストカードの
制作費だったのです

私は祈ることと その祈りを
絵にすることをやらねばならず
副業だのやりくりだのという
目先のお金に捕らわれては
いけないのです

そして そのことを深く
理解するためであると思いますが

今日はりゅうくんが休みだったので
なんとなく 外でラーメンを食べたいけど
余計なお金を使うのもあれだし
と 思っていたら

そもそもで母が来るから
ラーメンを食べに行っちゃダメだと
思い出して大人しく家に帰ると

母が 生協で頼んだら
4つ入りだったの!手伝って!と
つけ麺セットを持ってきてくれました

必要は満たされる ということは
何度も経験しているのに
本当に 私の弱いところだなと
思いますが 神様は根気よく
委ねて良いということを私に
教えようとしてくださっています

あなただけを見つめて
自分のやることだけを見つめて
為すべきことだけが出来ますように

あなたに全てを委ねます❤️

Pocket
LINEで送る