神様の栄光を求める

Pocket
LINEで送る

最近あるパターンに気付きました

自分の思いよりも高い
神様の思いが来たときに

自分のことであればすぐに
気持ちを切り替える というより
そっちのがいい!と飛び付くのですが

人のことについてだと
より高い思いが来た時に
受け入れてくれるかどうかを
間違えてしまうようなのです

間違える というのは
受け入れてくれる人には
受け入れて貰えないかも と
消極的になってしまい

受け入れてくれない人には
絶対受け入れて貰えるという
妙な確信を持ってしまうのです

これは 私の弱さに
敵が嘘をついてきて
逆のことを掴んじゃうんだなー
と 反省をしているところです

そこの判断を間違えて
敵の嘘を掴むなら
私は態度を間違えることになるからです

そこに弱さがある理由は
人から受ける評価に対して
恐れがあるのが原因だと感じました

そこから脱するために
強がることを止めて
凹むことも止めて
神様が私についてされる
評価だけを掴もうと思いました

そのタイミングで りゅうくんが
私が唯一 神様に対して
物凄く抵抗していた事柄について
だから神様は澄子をその立場に
選んだんだね と言ってくれました

神様は ある事柄において
あの人は喜びではなくて
いつも眉間にシワを寄せているでしょう?

でもね だからこそその領域の
管理人として相応しいんだよと
教えてくださったことがありました

いつも喜んでいなさい と
書いているにも関わらず
神様は 眉間にシワを寄せるような人を
管理人として任命されるというのです

矛盾してないか?と思いましたが
管理人というのはいつでも
間違えや邪魔が入って来ないよう
目を光らせている必要があり

自由奔放にやる子どもたちの
面倒も責任も負わなければならない
喜びと楽しみしか担えない人は
その責任の重さに耐えられないんだよ

と 教えてくださいました

そんなこんなで凹んでいるとき
ある人が 良いことをするのに
挫けちゃいけないよ!という
励ましのメッセージを書いていました

本当にそうだな と思いました

自分で間違えないようにと
頑張るのではなく
私の弱さに神様の栄光が
現れることを祈ります❤️

Pocket
LINEで送る