地境を広げてもらうために通る道

Pocket
LINEで送る

神様が喜ばれない性質が
自分の中にあることを自覚しながら
隠していると いつまでも
神様に近付くことは出来ません

しかし逆に 喜ばれない性質が
残っているにも関わらず
その事を自覚しないままに
神様の前に出ていることもあります

子どもが悪さをすれば
親は注意して正すことが出来ますが

しかし子どもに知恵がついて
親の前では悪いことをせずに
隠れて悪いことをしたり
悪い思いを持ちつつもそれを
表に出さずに隠して生きていたら
どんな人生を歩むことになるでしょう

喜ばれないだろうなと思いつつも
本音で話してくれる方が
子にとっても親にとっても
良いのですが

しかし 悪いことだと知らずに
悪い思いを抱いている時は
それに光が当たって明らかにされ
悔い改めるチャンスを得る方が
遥かに良いことです

ノアの時代に神様は
人が思うところは悪いものであると
認められつつも それを理由に
人を滅ぼさないと
決心してくださいました

しかしだからといって
悪い思いを抱いたままで
いて欲しいわけではありません

カインがアベルに妬みを持った時
神様は 自分が間違えていると
わかっているのに妬むのであれば
自分を制さないと罪を犯すことになると
警告してくださいました

しかし 神様の声ではなく
罪の誘惑を選び取ってしまい
人類初の殺人が起きました

カインはアベルを殺して埋めたので
地は呪われてカインが種を撒いても
実を結ばなくなりました

しかし神様は カインが
人から殺されないように
かばってくださいました

自分の行いの代償は
刈り取ることになり
カインの場合は農夫だったのに
地が実を結ばなくなり
仕事が出来なくなりました

しかし神様は人の罪を
イエスさまに全て背負わせ
イエスさまを見上げる者は
生かすことを決められたのです

そうでないと人は罪で
全滅してしまったことでしょう

しかし神様はそれを望まず
ご自身の一人子に全て担わせ
人を生かすことを選ばれたのです

悪い性質があることは
仕方がないことです

しかしその性質を捨てて
神様に立ち返り 悪いことを
思わなくなりたいと思うか

それともこの悪い性質は
決して人に知られることなく
闇に葬り去られるべきと思うか

或いは この悪い性質も
素のままの自分なのだから
みんなは自分を認めるべきで
私はこんな自分も愛していると思うか

その心の態度によって
何が変わるかと言えば

神様から任される範囲と
敵から受ける攻撃が変わります

罪を犯すことを良しとしているなら
その部分に大切なものを預けたら
敵にすぐに盗まれてしまいます

であるなら 神様としては
その人に任せることが出来ません

この領域をあなたに預けて
管理させたいからこの事を
悔い改めて と神様は示すことがあります

その様に示されることは
とても幸いなことです

しかし 神様の方からその様に
示されるためには
あらかじめ 自分自身が
その示しを受け入れる覚悟が
出来ていた方が良いに決まっています

覚悟があるなら 示された時に
固く決心することが出来ますし

神様が何が罪で何が罪でないかを
語ってしまったら その事により
間違えたことを続けることで
罪に定められてしまうからです

しかし 神様がそれは止めてね
と言うまでは 実は罪に定められておらず
手放して欲しい懸案事項として
人に残っているのです

ですから 自分で自分の欠点を自覚しつつ
それを自分で責めることは
とても不健全極まりありません

自分の弱さにある敵の囁きに
同意し続けているようなものです

自分で責めることを止めて
神様の御手に全てを委ねて
神様に変えてもらうことを
祈ることには力があります

石ころからでもアブラハムの
子孫を興すことが出来る神は
イエスさまの血潮により
私たちを完全に聖く義なる者に
作り替えることも可能なのです

先日 りゅうくんが
羊と犬の面白い性質を見つけました

羊はみなしごになった時に
継母に胎盤をかけられて
血のにおいをつけられると
継母を実の親だと思うそうです

臭いをつけられたことで
実母と継母の区別が出来なくなる

しかし犬はそんなことをされても
自分の親を見分けるそうです

イエスさまは 罪を犯す人を
悪魔から出た者だと言いました
悪魔から出た者は父の真似をする
だから罪を犯すのだと言いました

故に人は一度肉に死んで
御霊により命を得る必要がある
その様に仰ったのです

敵は常に常に人を誘惑し
人から恵みや約束を盗もうとしています
残念ながら その誘惑は
千年王国の到来まで続きます

任される範囲が広がる時
今まで体験したこともないような
或いは思ってもみなかったような
事柄に直面するかもしれません

そういう時に 自分の手を
見ること程愚かなことはない

自分のキャパシティを超えることが
起きるとき それは幸いだと思います
神様に委ねるしかないからです

今 私とりゅうくんの間では
たくさんの小さな問題
神様が変えたいと思ってくださる
自覚もないような古い性質が
たくさん炙り出されているのですが

地境を広げてください という
祈りの結果として起きていると
感じています

過去の自分は 管理責任範囲が
広くなるのは面倒くさい
と思うタイプだったのですが

りゅうくんと出逢ってから
この人となら大丈夫かも と
思うようになりました

実際は りゅうくんを
建てあげるという過程がありますが
それをするのは私ではなく
神様の責任だと思っています

責任は神様にありますが
それは私が何もしなくてもいい
という意味ではありません

りゅうくんの問題と向き合う中で
自分の中の問題が
炙り出されることもあります

思わぬことに自分が
意識を持っていかれていて
びっくりすることもありますが
気付けば解放されるので

光を当てて頂けることは
本当に 幸いなことだと思います

Pocket
LINEで送る