神様のレーマを求める

Pocket
LINEで送る

昨日も少し書きましたが
私が何かを言ったり思ったりしたときに
神様から「違うよ」と示してもらうことが
最近よく起こります

このことにより 良い意味で
神様とチューニングが
あってきていることを感じます

先日も ある人に声を掛けようとすると
神様から 声をかける際の
心の態度が間違えていると示されました

すぐに神様に心を寄せて発言をすると
自分であれば 気を使って
言うのを躊躇してしまうような
励ましの言葉が出て

そのことにより 自分の思いと
神様の思いがどのようにずれているのかを
客観的に知ることが出来ましたし

その励ましは神様のレーマなので
力がありました

正に 私の弱さに神様が
栄光を現わしてくださった瞬間でした

今日も ある霊的問題を持ち込む人が
話をしていた時に 以前だったら
背後の霊を縛り上げると祈ったり
異言で祈るだけだったのですが

今日は明確に 神様から
知恵の霊に対して黙るように
祈りなさいと示されたので
そのように祈り始めました

知恵の霊というのは 先日の
Power and Loveの時にスピーカーが
示していた 日本を支配する霊の正体です

日本人は知恵を崇拝している
そう言っていたのですが
確かに霊的問題を持ち込むその人は
知恵知識こそが最強だと
思っているような人でした

しかし祈りはじめてすぐに
その人は 何かすっきりした顔をして
お騒がせしました と言って
出て行ってしまったのです

あまりにすぐのことだったので
ちょっとびっくりしましたが

神様が 祈りなさいと仰った通りに
祈ったことで 人が動いたのですから
その人の内で神様が何かを
動かされたのだと思うのです

この事にどういう意味があるのか
よくわかりませんが

人の知恵知識を神としている人の
思いが砕かれ 真の神様を
知ることが出来るようにという
祈りはとても大切で この事は
もっともっと祈るべきだと感じました

また ここ最近起きていた
霊的戦いの原因について
神様がその戦いの正体と
何故その戦いが必要だったかを
教えてくださいました

もし全き愛に留まっているなら
霊的攻撃が来ても人は全く動じません

霊的戦いが来た時に
揺さぶられる理由は
自分自身の中に
恐れの霊がいるからなのです

自分の内に恐れの霊がいると
外からくる霊的攻撃に躓いて
同調してしまうのですが

その同調は 神様以外の霊に
自分自身の土台を置いていることを
明るみに出すことになるのです

それを理性で
ひた隠しにしているうちは
隠されたまま心の闇となり
罪の根になってしまう

ですが神様は 炙り出して
光を当ててくださるのです

自分でどうにかしようとせず
手放し神様へ全てを委ねるなら
神様は喜んで導いてくださるのです

光が当たった時に頑なにならず
(具体的に言うなら自分でも他人でも
何かの責任だと行くことをせず)

自分の弱さ 未熟さを認めて
神様に助けを求めれば
神様は レーマをくださり
解放へと導いてくださいます

人に力はありません
人の悟りにも力はなく
自分自身を騙してしまいます

ただ 神様のレーマだけに力があり
それは 求めるものには与えられるのです

Pocket
LINEで送る