人は見るものに似る

Pocket
LINEで送る

今日は 色々と思い巡らす中で
神様が真理に妥協しないことの
大切さを教えてくださいました

幸いなことに 私たちの教会は
聖書に書いてある通りのことを
求める人たちから学んでいます

聖書にはこう書いてあるけど
実際はこうだ という風に
自分達の間違えに寄せてはいけない

ということを事あるごとに
聞かされてきました

要するに 聖書に書いてある通りに
物事が起こらないなら 原因は
私たちの方にあり 聖書の真理は
決して変わらないということです

もし 聖書に書かれていないことを
信じるのであれば それはもう
違う信仰を持っているということになり

聖書以外を信じるのであれば
ましてや 自分はこう思うから
それを信じるというのであれば
自分を神とする偶像崇拝です

人には自由が与えられていますから
偶像崇拝をするのも自由です

しかしそれによって真理が
変わることはありません

神の国の義を第一にするものは
望むものを全て得る ということが真理なら
自分の考えを第一にするものは
望むものを得られないことになります

イエスさまを信じる信仰の他に
命を得る方法はないことが真理なら
自分を信じることでは
命が得られないということになります

私たちは 神様の子どもです
子どもは子どもらしく
親を見て育つ方が幸せです

地に落とされた堕天使たちは
自らが神となると言ったのです
自らを信じることは
誰に似た性質でしょうか

自分は誰を見て生きるのかは
強い意思を持って選ばなければなりません

Pocket
LINEで送る