炎が降る準備

Pocket
LINEで送る

先日のPower and Loveで
敵に対して攻撃を仕掛ける
具体的な証がありました

弟子たちの攻撃という記事でも
少し触れましたが その話よりも
私の心に響いた証を紹介します

そのやり方というのは
例えば スピリチュアルフェアなど
敵のど真ん中に きちんとお金を払って
ブースを2つぐらい取り

「無料のクリーニング」
「無料のリーディング」と
看板を出し 祈りや預言をして
その場で人を救ってしまうのだそうです

前の記事でも書いた通り 敵にとって
人が救われて命に入ることは
敵の仲間が死ぬのと同じです

敵はそんなことはされたくないので
フェアの朝などには物凄い
恐怖感が与えられるそうです

しかし 恐ろしい思いが
来れば来るほど
こんなに恐いのだから
今日は素晴らしいことが
起きるね!と恐々としながら
神を賛美して喜んで
会場に向かうのだそうです

私はこういう話が大好きです
愛も勿論素晴らしいですが
私はどちらかというと
人を苦しめる背後の原因を
徹底的に叩き潰したいタイプです

しかし以前は 自分のその
好戦的過ぎる強気の性質が
あまり好きではありませんでした

出来ることならもっと優しさと
愛に溢れた人になりたいと
祈っていたのですが 神様から
それがわたしが作ったあなたの
イメージだ と言われてしまったので
諦めて受け入れることにしました

しかし今 その理由がよくわかります
こんな楽しい攻撃方法があるなら
上手く戦えるようになりたいと
心の底から喜びが湧いてくるからです

とは言え 自分はまだ訓練の
途中であるとも感じます

しかし 流石はパートナーとして
神様に与えられた人らしく
自分の弱いところはりゅうくんが強く
私が強いところはりゅうくんが弱く

神様の栄光は弱いところに現れるので
りゅうくんに強められて
私が出ていくことになるし
私がやりたい!と思うところは
私ではなくりゅうくんが送られます

本当に 上手く出来ているというか
決して自分を誇るような
過ちに行くことがないように
守られているなぁと思います

そんな中で最近思うのが
イエスさまが十字架にかかる過程です

敵は イエスさまを殺せば
自分達の勝利だと思い
人々をけしかけてイエスさまを
死刑にするよう騒ぎ立てました

ところがその結果 救いは完成し
敵は完全敗北をすることになったのです

この様なことが 私の人生にも
最近の出来事にも起きているのだと
感じることがあるのです

例えば兄弟姉妹を分裂させようと
敵が何かトラブルを投げ込んでも
私たちがそれを好機だ!と
掴んで喜びへと変えて頂くなら
敵は やっちまったー!と
頭を抱えることになる

そんな事があちこちで
起きている印象なのです

私はそれを見て なんだか
わざわざ縛られに
飛び込んで来ているみたいだね

と言うと りゅうくんが

そうだよ わざわざ捕まりに
来てるんだよ と言っていました

私たちはただ 神様が
何かをなさっていることに
本当に期待して喜んでいるだけですが

つい数週間前までは
敵側にいて変なものの踏み台に
なっていて 迷惑だなぁと
感じていたような人に対して

今は 神様がこの人の弱さに
どんな栄光を表してくださるのか
この人はその後 どんな
素晴らしい人生を歩いて
どんな神様の御恵みを周りに流すのかと
楽しみな思いが与えられており

しかもそれは そう遠くないことだ
という思いもあるのです

勿論それは神様への
信頼であるわけですけど
私の思いの変化ではなく
背後の霊的環境の変化だと感じます

あとは 人の思いです
そこには聖霊さまの炎が必要です

霊的環境が整った時に
聖霊さまの炎が降ります

その時 どうなるんだろう
どんなことが起きるのだろう

そう考えると本当にわくわくしますね✨

Pocket
LINEで送る