手放した次の動き

Pocket
LINEで送る

先日の日記で 自分が好きでやりたいと
思ってる広告や通販は
イエスさまが漁師だったぺテロに
たくさんの魚を与えたように

欲しいものを与えてくださった上で
あなたの賜物は本来 その事に
使うために備えたものではない
新しい方向へ導いてあげよう と
示されているように感じた

ということを書きましたが

今日は その後にあった
諸々の神様とのやり取りについて
詳細を書こうと思います

まず 広告などをやめるべきか?と
感じた5日の夜のことです

この件は 与えられた思いが
御心であるかどうかよりも
私の決断が大切だと感じたので

神様 それはあなたの御心ですか?
という尋ね方をするのではなく
私はそれを決断しますが
神様 あなたはこの決断に対して
どう仰ってくださいますか?
という尋ね方をしました

ちょっと自分の思いが強くて
純粋に神様の御心に心を開けるか
若干自信がなかったので
りゅうくんに 神様に尋ねてくれる?
とお願いをしました

ちなみにですが 私または
尋ねることを頼まれたりゅうくんの
心の態度が間違えていると
神様は答えてくださいません

しかし今回は すぐに
りゅうくんを通して
これで混ぜ物なく良いものが
流れていくと示されました

そして翌日の礼拝で
ロビー牧師が漁師ぺテロと
イエスさまの出逢いのお話を
してくださったことにより
祈りの答えを頂けたと
確信を持つことが出来ました

なのですぐに ブログから
広告を消したり
ポイントやアンケートの
メールを解約したりしました

ところが いくつかのものは
解約の必要がないと感じました
また いくつかものもは
残しても良いのでは?と感じました

すごく微妙なのですが
解約の必要がないと感じたのは
神様からの示しで

残しても良いのでは?というのは
敵の誘惑であるように感じました

というのは 解約の必要はない
というのは断定的ですが

残しても良いのでは?というのは
疑問形だからです

なので これら全てりゅうくんに
確認を取ることにしました

霊の一致があるなら
間違えないと判断出来るからです

何か違えば あれ?それおかしくない?
と感じることが出来るので
人の判断に依らず 霊の見分けを
出来るようになっておくことは
とても重要です

ちなみに 人ですから
弱いところや願望が強いところは
判断ミスをする というか
人の意見を言ってくるので
誰であってもどんなことでも
尋ねられるということはありません

それはりゅうくんでも牧師でも一緒で
この人は こういうことについては
私情を交えてしまう というところは
押さえておくべきだと思います

但し 私情を交えてしまうことは
悪いこととは違います

何故なら神様は 人の弱さに
栄光を現してくださるので
そのように 私情を交えてしまうところに
栄光が現れることが多いからです

話を戻しますが

その事を始めるのと同時に
神様から 今まで示されたことが
なかったような細かいことを
言われるようになりました

具体的に言うと 歩きながら
スマホの操作を止めるようにとか
手のひらの上で野菜を切るのを止め
まな板を使いなさい とかです

今までやっていてそんな示しは
頂いたことはありませんでした

しかしこの後 神様は
四角四面に全ての事柄について
それを適用しろという意味ではない
ということを示されました

今後永遠に手のひらの上で
野菜を切ってはいけない
ということを言ったのではなく
その時は 野菜が落ちるから
止めるように言っただけであり

手を怪我しないように
また食材を無駄にしないように
丁寧に扱うように促されました

手を怪我しないように については
確かに私の意識の中で
怪我をしないように注意をしようという
意識が物凄く低いことを感じたので
悔い改めて 自分を大切にしますと
宣言をしました

同時に 先日血液さらさらの薬を
数日ですが飲むことになったのは
怪我をしないように気を付けることに
意識を向けさせるための出来事だった
ということも感じて感謝をしました

(というより その時だけ気を付けて
継続して気を付けるようにならなかったから
明確に言葉で示された とも言えますが)

また 歩きスマホについても
今は出すべき 今はしまうべき
という思いを継続的に与えられるので

それによって どういう時には
出していいのか(出すべきなのか)を
学習しているように感じています

また そんなことがあった直後に
社長から あるエリアの営業を
やってもらえると嬉しい
というオファーがありました

昨年11月に営業さんが一人
定年退職してしまったので
諸々の事が追い付いていないのです

広告という好きなことを
神様のために手放すと
決めたというのにまるで
逆行するかのような話に

はて これは御心なのか
敵の誘惑かと悩みましたが
一晩寝かせた結果
社長の背後にいる霊の
誘惑であると判断しました

なので その事を社内で一番
状況をよくわかっている人に
それとなく伝えてみると

課題や問題点がかなり
はっきりと見えてきました

しかし その問題にどのように
対処すればいいか全くわかりせん

どうも私やその人が干渉出来る
領域でもなさそうだったので

私はクリスチャンなので
この件については祈りますね
とだけ言いました

するとしばらくして
イエスさまがその人に
ご自身のことを現そうと
していることを感じました

なので思い切って GW中の話や
私が経験してきた様々な奇跡を伝え
どうして私が神様を信じているか
話をしてから

もし良ければ 神様があなたに
伝えたいことを受け取ったら
お伝えしてもいいですか?と
預言をしていいかどうか尋ねました

快諾とまではいきませんが
困惑しつつも喜んでくれたので
休みだったりゅうくんに伝え
もし受け取ったら預言して
とメッセージをしました

すると しばらくして
今の状況をそのまま言い表したような
メッセージが送られてきたので
印刷して渡しました

そこには 状況を打開するために
心の扉を開いて一緒に
外に出ないか ということが
書かれていました

今の状況に 出来ることがないと
思っていましたが あったのです
私が自分でやるのではなく
イエスさまがその方と一緒に
解決をもたらす道を示すこと

それが私に出来ることだったのです

まだその招きを受け入れるかどうかは
考えさせてと言われましたが
すぐに インターセッサーの方に
お祈りのサポートをお願いしました

イエスさまが 自らその方に
ご自身を現してくださいますように

神様とその方との関係構築に
一切の邪魔が入らないよう祈ります❤️

Pocket
LINEで送る