神様の愛を伝えに行く

Pocket
LINEで送る

今回参加しているセミナーは
クリスチャンが神様の愛を
伝えるために外に出ていく
整えをするためのものです

伝道 という表現をすると
教会に連れていき洗礼を
受けることが目的のように
捉えられてしまいますが

目的は あくまでも
神様があなたを愛している
そしてあなたと関係を持ちたいと
思っている ということを
伝えることであって

教会の頭数を増やすことを
目的としたら それはもう
愛とは関係なくなります

実際に彼らがどのように
伝道をしているのかという
証を聞きつつ

神様の愛を伝えるために
外に出ていきました

昨日はりゅうくんと2人ペアで
声をかけるべき人を探して
カードやチラシを渡すぐらいで
終わってしまったのですが

昨日の段階では 神様が
まだりゅうくんが整っていない
という示しがあったので
こんなものかな~と思いました

しかし今日は 午前中のセミナーで
りゅうくんに欠けたものと
その補い方が明確に示されたことと

今日はりゅうくんにやらせて
私は黙っているようにと
示されたように感じたので
りゅうくんを先頭に立たせました

詳細を書くと長くなるので
ざくっと1日の出来事を
まとめるとこんな感じでした

午前中のセミナーが終わり
伝道経験者とチームを組む段階で
経験者に声をかけることが出来ず
りゅうくん逃げる

直後に 教会の姉妹から
一緒に行こうと言われて
りゅうくんを確保して貰う

原宿に移動し りゅうくんと
姉妹が一人ずつ声をかけ
預言的な祈りをする
(その間私は場を守る)
(ついで言うとご飯食べ損ねる)

次の外に出る時間は
神様から花を買うよう示されるも
渡すのは夜だと示され
この時間は遅いお昼を食べて終了

りゅうくんの元リーダーである
兄弟から 食事に誘われる

兄弟の友人の姉妹が偶然合流
お花を渡してとても喜ばれる

…と ここまでが4日の出来事でした

私は場を守るだけで
自分では何もやってない感が
結構あったのですが

しかし神様に示されたからには
黙っているしかありません

場を守り サポートをしたという
実感はありました

ただひとつ 謎だったのが
「お花」だったのですが
この日は単純に 新しい出逢いに
神様が花を添えてくださった

ノンクリスチャンではなかったけど
神様の愛が伝えられてよかった

と思っていました

ところがこの件は翌日に
真に神様が何をなさるつもりだったか
真実が解き明かされることになりました

その件は 5日の日記に書きます

Pocket
LINEで送る