神様の訓練と実践

Pocket
LINEで送る

毎月一度 母に食事を
ご馳走することにしていますが

今回は 食事だけではなく
北軽井沢に行きたいけど
日曜の午前中から大丈夫?

と連絡が来ました

大丈夫?というのは
礼拝があるから無理かな
という意味ですが

神様の方を見ると
母に付き合う方を促されたので
礼拝は後程動画で見ることにして
母のオーダーを受けることにしました

食事は 母の知人の息子さんが営む
お蕎麦屋さんに行ったのですが
高崎のお店ですので それはもう
数多くのデザインだるまが
たくさん飾られていました

背後の霊が打ち砕かれるようにと
お祈りをしていると みつかいたちが
大掃除(控え目に表現)を始めました

あまりに大胆に片付けているので
りゅうくんに こそっと
神様が偶像を片付けられている
と耳打ちすると

りゅうくんが見たときにはもう
片付け終わって最後の埃を
掃き終わるところだったそうです

更に神様は 食事の用意と
次に行く場所に対する準備を
されているように感じたので
今回の旅は御心だったと
とても嬉しく思いました

私たちが歩くところ全てを
御国にしてくださることを
感謝します~と祈りながら
行く先々で 呪いの打ち砕きを
宣言し 祝福しました

どの場所もとても良く
平安に旅が終わろうとしていました

ところが 最後の最後に近所の
ショッピングモールに立ち寄ると
何か不愉快なものを感じました

その瞬間に りゅうくんが
その不愉快さを増長することを
言い出したので ちょっと今は
黙っていて と言ったのですが

説明もせずに言い方が
きつかったかな と思い
不愉快さを感じた場所から
少し距離をとってりゅうくんに
話しかけてしまったのですが

りゅうくんが続けて
的外れなことを言い始めたので
お互い これはダメだと思って
少し距離を置きました

りゅうくんは帰宅してすぐに
寝てしまいましたが
変な夢を見たらしくて
祈って というので
背後の霊を縛りあげる祈りをしました

暫くすると 自宅に帰った母から
母の日のプレゼントがないけど
りゅうくんが間違えて
降ろしてしまっていないかと
電話が来ました

勿論 そんなことはしていないので
よく探してみて と言いましたが
結局それは母の勘違いでした

以前なら こういうことがあると
りゅうくんが凹んだままなかなか
浮上してこなかったのですが

お風呂に入ってすっきりしなさいー
と言うと きちんと起きてきて
お風呂に入った頃にはきちんと
神様に立ち返ることが出来ていました

後でりゅうくんに聞くと
不快なものが付きまとう感じがして
寝て起きれば治ると思ったけどダメで
イエスさまの御名で出ていけと
命令してやっとすっきりしたそうです

そしてその後 礼拝動画を見ると
本当に本当に 素晴らしい
打ち破りのメッセージだったのです

神様は既に勝利をしていて
私たちはそれを信じて掴むだけ
敵の嘘を掴まないこと

それを再認識する時であり
りゅうくんの訓練の時でもありました

座学ではない 神様の
実践の時だったと感じます

勿論 そのような時間も
素晴らしいのですが

しかし私としては
神様がいてくださることが
本当に恵みであると思います

神様は 私たちの期待を
決して裏切ることはない

真実で誠実である方が
いつも共にいてくださることに
本当に 心から感謝します❤️

Pocket
LINEで送る