真理による解放

Pocket
LINEで送る

今日と明日は 広尾の教会で
神様の預言 みことばを届ける
メッセンジャーの授業の最終回です

前回は ビデオ受講でしたが
今回は先生から手渡しで修了証を
頂けるからぜひ参加して!と
声をかけて頂き 参加しました

りゅうくんは 預言の賜物があると
言われていたので 正しい学びは
とても大切だと思っていましたし

私自身 預言によって人々が
建て上げられていくのを見たい!
という思いがとても強くあります

なので この講義は本当に楽しくて
最終回にも とても期待をしていました

しかも昨夜 神様が夕飯の時に
「(今日は)前夜祭」と仰ったので
本当に今回は 私たちにとって
ターニングポイントとなると感じました

最初の講義は 預言を学んだ後
具体的にどのような形で
この賜物を活かしていくか

というお話でした

ざくっと言うと 教会内での奉仕
(礼拝後などにチームで預言をする等)

賛美の働き(賛美歌やパフォーマンス
劇 預言アート等)

アウトリーチ(教会の外で個人や社会に
みことばで奉仕をする)

という3つが紹介されました

前述の通り 個人的には
アウトリーチに思いがありましたが
今回 語られる中で強く迫られたのは
やはり 賛美の働きでした

実際 教会のリーダークラスを
受講した直後に神様から
「あなたは賛美する者」と
示されていましたし

りゅうくんも 作品を作ることは
賛美だという預言を貰っていました

勿論 それだけをやるわけではないのですが
少なくとも今は そのことに
フォーカスする季節だと感じましたし

私の中にある敵の攻撃は
それを最も嫌っていることも
感じていました

数日前からの体調不良は
かなり良くなってはいたのですが
この日は 首に強い痛みがあり
頭にも少し違和感がありました

授業の中で
預言は必ず解放を伴う

ということが示された後
午後の賛美の時間に ふと
首の痛み(に居る敵)に対して

そこはイエスさまの場所だから
出ていきなさい と言うように
促しを受けました

そして 心の中でそのように言うと
賛美中でしたが咳き込んでしまいました

悪いものが出ていく時に
咳やあくびなどの形で
出ていく ということを学んでいたし

明らかに風邪の症状と違う
吐き出すような咳だったのですが

暫くすると 咳は止まり
首にあった痛みがなくなっていました

正に 解放の時だったのです

夜の祈り会でも解放は続き
祈りの中で以前から何度か
導かれている地域の祈りを
とりなすことが出来ました

腹の底から絞り出すような
正に「呻くような祈り」が
聖霊様により絞り出されるのですが

今回は 異言の解き明かしもしてもらえて
私が見ているビジョンというのは
神様がなさろうとすることであり

その 神様がなさろうとすることに対して
とりなしをしている
ということがわかりました

祈ったことに対して答えを貰うのではなく
答えが先にあって祈るのです

なんか逆じゃないか?と
思ったのですが 神様に
これはどういうことですか?と
尋ねてみると

私が見たビジョンというのは
誰か この事に対して
祈るものはいないのか

という神様からの呼び掛けであり
それに対して 私がこの土地に
積み上げられてきた祈りで
応答していたのだそうです

本当に 私の思いとは全く
別次元の祈りに用いられていた
ということがよくわかりました

とにかくそれが 物凄く
爽快というか 祈り終わると
物凄いすっきりしていたのです

初日だけで 物凄く
解放されたように感じましたが
明日もまだまだ続くのだ と思ったら
とっても喜びに満たされました

本当に 今回セミナーに
参加出来たことを心から感謝します❤️

Pocket
LINEで送る