安全な中での家族の回復

Pocket
LINEで送る

今日は りゅうくんがお休みをとり
母の家に行く約束をしていました

重いものを運びたいので
手伝って欲しいと言われていたのです

しかし 私が体調を崩してしまい
力仕事は無理だなぁと思っていましたが

私の体調不良の主な原因は
リンパの流れが悪いことにあるので
マッサージの仕事をしていた母が
色々と診てくれて そのまま
寝ていていいよと言ってくれました

処方された薬の影響もあったのか
とても動けるような状況でもなく
有り難く休ませてもらい
りゅうくんに頑張って貰いましたが

その時に 神様は親に
子どものための必要なものや
子どものための権威を与えておられる

ということをとても深く実感しました

権威というのは 支配とは違います
言うことを聞かせることが
権威ではありません

また 愛がなければ権威は持てません

権威あるものには
下のものを養うための必要が委ねられ
権威あるものが下のもののために祈ると
それは聞かれます

そういった霊的資源を神様は
親に与えられるのです

幼い頃は 敵の邪魔から
守って貰えなかったので
全てが混乱していました

しかし 神様の守りに入った今
神様が母に与えた権威や必要は
誰に邪魔したり盗まれたりもせず
流れてくるようになりました

子どもの頃に体験出来なかった
安心と平安を与えて頂き
本当に感謝だな と思いました

体調を崩すということは
一見 悪いことのように思えますが
必ず神様が良くしてくださるために
必要なのだと思っていましたが

それを声に出して改めて宣言した時に
神様の喜びと平安が注がれました

全てを益としてくださる神様に
本当に 心から感謝します❤️

Pocket
LINEで送る