神様との関係

Pocket
LINEで送る

昨日 何をしていてだったかは忘れましたが
ふと イエスさまに逢うのが楽しみだな
という思いが心に沸き上がりました

イースター前夜だったことも
関係しているのかもしれません

今でもイエスさまは私の内に
住んで 語ってくださいますが
そういう意味ではなく

新しい肉の体をお持ちの
イエスさまと対面することが
楽しみだな という意味でした

こんなことは考えたこともなく
また新しい領域に入るんだな
という気がしました

そして今日 イースター当日ですが
QTを通して神様から
教えられたことがありました

神様は 恐怖で人を支配するような
神ではなく 人との親しい関係を
とても大切にする方です

互いに慈しみ 尽くしあう関係を
人と築くことを望まれており
それは 仲睦まじい夫婦のようだと
神様は語られました

少し前に りゅうくんに対して
不満に思っていながら黙っていたことを
全て吐き出してしまったことがありました

しかし りゅうくんはそれを
真摯に受け止めて 間違えた考えを
持っていたことを認め 改めてくれました

その時以来 りゅうくんに対する
警戒心 不信感のようなものが
全くなくなりました

そして今の関係 りゅうくんに対して
全面的な信頼を寄せていられることが
健全な関係というのだろうな
と思ったのです

それはりゅうくんの弱さによる
過ちを責めたのではなく
りゅうくんが間違えた考えを
持っていることを認めて
改めてもらうという過程でした

神様も 私たちに対して
まずは 聖書という書物にて
何が正しくて 何が間違えているかを
示してくださり それだけではなく

今のことばかりではなく過去も含め
本当に細かいところまで
ここを改めてほしい ということを
教えてくださいます

それに応答して自分が変わるとき
神様は信頼を寄せてくださると思います

また 自分自身のこういうところを
治して欲しいです 変えたいですと
叫んだとしても

そこは変えようと思わなくていい と
教えてくださることもあります

神様が造られたイメージ通りに
伸びやかに成長することを
神様は喜んでくださるのだと思います

ですが 盗むもの壊すものは
その成長の方向性を歪めます

また 人の思いも同じように
物事を歪めます

ずれている間 ずっと
神様は待ってくださいますが

待たれている間は
自分を通して神様の栄光が
地に現れることはありません

私が 他の誰かに憧れて
あのようになりたい と思うことが
神様のイメージではない時も

神様が私を通してなさりたいことが
全てストップしてしまいます

ですが神様はいつも
私と神様との関係を妨げるものを
取り除いてくださいます

その事を 本当に感謝しています

私が何を為すかではないのです
為さるのは神様なのですから

何より大切なことは
神様との関係です

Pocket
LINEで送る