イエスさまの愛を想う

Pocket
LINEで送る

今週は受難週 そして今日は金曜日です

約2000年前の金曜日に イエスさまは
十字架に掛かられました

その日を思い巡らすのが
この週末であるわけです

クリスチャンになった頃は
イエスさまという 見ず知らずの
全く罪のない青年が
何だって こんな罪だらけの人の
身代わりになったのか という
苦い思いしかありませんでした

それは イエスさまに限らず
例えば 母親が子どものために
犠牲になろうとしたりするのも
私は好きではありませんでした

理由は そうやって頑張った祖母が
早くに亡くなったからだと思います

また 生きることにあまり
ポジティブなイメージがなく
死に対しては逆に 恐れや
ネガティブなイメージを
持っていなかったのも理由かもしれません

死んじゃう方は 大切な人のために
自分を捧げるのだから満足だろうけど
そんな風に捧げられた命を背負って
生きるのは重すぎる と思っていました

しかし イエスさまの場合は
決定的に違うところがあります

それは ただ死なれただけではなく
復活されるからです

死ぬほどの痛みと苦しみを
私の代わりに背負ってくださった
そのことは確かなのですが

しかし その後に復活をする
そこに真の救いがあるわけです

イエスさまは 十字架の上で
息を引き取る時に 完了した と
仰ったと聖書にはありますが

原語によるとそれは
完済した という意味だそうです

あがないの代価を全て支払った
という意味であり
救いが完了したという宣言です

肉の目に見える出来事を考えたら
とても悲しくて苦しいことですが

しかし この時にイエスさまが
ご覧になっていたのは
新しい命と ご自身が支払われた
代価によって得られるものに対する
喜びだったのです

その喜びとは何でしょうか
私たち一人一人の存在のことです

イエスさまが死なれたのは
私たちに 神の子どもとして
新しい命を与えるためでした

肉に苦しみ死んでいたものが
死にも打ち勝った新しい命により
喜びの子どもとして召されるのです

新しい命とはこういうものです

以前なら 自分で制しようとしても
制することが出来なかった悪いこと

自分の人生を壊すような
間違えたこと全てを
神様により 制御する自由を
与えて頂くということです

少しずつ 薄皮を剥ぐように
それは完成へと向かいます
その旅路へと足を踏み出すことが
クリスチャンになるという
選択なのだろうと思います

洗礼を受ければ自動的に
導かれるようなものではありません
むしろ 洗礼など受けなくても
神様は招いてくださいます

しかし 神様の目的は
人の支配ではないのです

神様は 私たちを罪の奴隷から解放して
選択が出来る自由をくださるだけであり
選ぶのは私たちなのです

自由を受け取ることも
自分の選択なのですが

それを望む理由を神様は
惜しげなく注いでくださる

その象徴が この十字架での
死であると思うのです

以前は なんで私なんかの為に
と 思っていましたが

今は 本当に全てを背負うほどに
私を愛してくださっていることに
心から 感謝をしています

Pocket
LINEで送る