素晴らしいことの前触れに期待をする

Pocket
LINEで送る

今日は 4月頭に広尾に行くため
バスの予約をしたのですが
その後ぐらいから霊的に騒がしく

家に帰り夜勤のための
お弁当を作っていると
今まで体感したことがない
おかしな目眩がしました

りゅうくんに祈ってもらうべきと
直感したので 祈って!と言うと
黒いものが私の上にいて
神様が それを槍のようなもので
刺して 焼いてくださった上で
りゅうくんに あなたがやりなさいと
示されたそうです

が どうも上手く出来ずいるようで
私が痺れを切らしてイエスさまに
どうすべきか祈りました

すると 手に宝箱を持ち
こっちを見てごらん と仰るので
見てみると その宝箱から
悪いものを焼き尽くす炎が
溢れ出てくるビジョンを見たので
それを絵にしました

しかしどこからそんな
得体の知れないものが
紛れ込んできたのか と思うと

絵画のスキャナの専門業者に
問い合わせた見積もりの返事が
来ていたことを思い出しました

また絵を描く邪魔か と思い
その背後にいる霊を神様が
事前に焼き尽くしてくださったことに
感謝をするお祈りをしました

りゅうくんは 私の描いた
その炎の宝箱の絵を見て
何か神様に示されたことに
納得がいったようなので
そのうち物語で今日の解き明かしが
あるかもしれませんが

あともうひとつ 4月のバスというのが
悪霊からの解放のミニストリーを
得意とする 私たちのお父さん的な
牧師さんのお話を聞くためなので

素晴らしいことが起こるから
邪魔が入ったんだな と感じました

こういった状況の打ち砕きは
賛美と感謝と喜びへのフォーカスが
敵を一番がっかりさせるものなので
神様がどれ程に素晴らしいことを
なされようとしているのか
本当に 期待して待ちたいと思います❤️

Pocket
LINEで送る

素晴らしいことの前触れに期待をする” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。